歯ぐき、恐怖の目玉... 「くら寿司」初のハロウィンメニュー 「グロかわ」だけど味は絶品!

印刷

   回転寿司チェーン「無添くら寿司」は、「ハロウィン」に合わせて、「ハロウィン特製メニュー」4種を、2017年10月13日から31日まで、全国の店舗にて期間限定で販売する。

   「無添くら寿司」がハロウィンメニューに取り組むのは初。

  • 「魔女のはぐき」
    「魔女のはぐき」
  • 「恐怖の目玉ムース」
    「恐怖の目玉ムース」
  • 「消えるお化けの黒カレー」
    「消えるお化けの黒カレー」
  • 「魔女の海老マヨ」
    「魔女の海老マヨ」

真っ黒なカレーライスに綿あめ!?

   ハロウィン特製メニュー「消えるお化けの黒カレー」(399円)は、通常のカレールーをベースにイカスミで「黒」にアレンジ。シャリの上には紫キャベツの特製マヨソースと共に、甘い綿あめを乗せ、食べ進めると「消えるお化け」を表現した。マヨソースのコクと酸味、綿あめの甘みがカレーとマッチする、今までにない一品だ。

   「魔女の海老マヨ」(216円)は、揚げたてのサクサクとした食感が大人気の「特撰海老マヨ」を、紫キャベツの特製マヨソースで彩っている。見た目は少しグロテスクだが、味は絶品。

   「魔女のはぐき」(270円)は、ミルク味の竹炭アイス、ラズベリーソース、マシュマロ8個をワッフルで包み、魔女の持つホラーなイメージを再現したスイーツ。ホラーな見た目とは裏腹に、ラズベリーのさっぱりした味わいとふわふわした食感、アイスの冷たさなど、おいしさの追求にも余念がない。

   「恐怖の目玉ムース」(108円)は、ミルクムースの上にイチゴゼリー、チョコレートを乗せて「目玉」を表現したスイーツ。ムースをスプーンで切り分けると、中から「血」をイメージした真っ赤なイチゴソースが溢れ出す仕掛けが。イチゴの酸味と、甘さ控えめのミルクムースが絡まり、チョコレートがアクセントになっている。

   なお、一部、取扱いのない店舗や価格が異なる店舗もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中