2019年 11月 23日 (土)

浜田省吾、オリコン記録更新
60代の心ある歌と演奏と

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   浜田省吾が彼のツアーメンバーとともに制作した二枚のミニアルバム「The Moonlight Cats Radio Show VOL.1&2」が9月18日付のオリコンアルバムチャートで1位と2位を独占した。

   彼は、2015年のオリジナルアルバム「Journey of a Songwriter」で二週続けて一位を獲得。1952年12月生まれ、アルバム発売時が62才、60代の二週連続一位は初めてで、史上最年長連続一位記録を樹立。今回の一位二位独占は、それに続く記録となった。

  • The Moonlight Cats Radio Show VOL.1
    The Moonlight Cats Radio Show VOL.1
  • The Moonlight Cats Radio Show VOL.2
    The Moonlight Cats Radio Show VOL.2

60、70年代の洋楽カバーアルバム

   新作アルバムのアーティスト表記は「SHOGO HAMADA&The J.S.Inspirations」。去年から今年にかけて行われたツアー「ON THE ROAD2016 Journey of a Songwriter~since1976」でも同じステージに立っているミュージシャン達のバンド。その時はついていなかったバンド名がついた。取り上げられている曲は、彼が青春時代に影響を受けた60年代から70年代初頭の洋楽ばかりのカバーアルバムである。彼は、9月に出たファンクラブの会報誌「ROAD&SKY」Vol.204でのインタビューでこう言っている。

「ここ何回かツアーの開演前に、自分が子供の頃に大好きでよく聴いていた洋楽を流している。それを自分でもMP3プレイヤーに入れて、ふだんもランダムに聴いているんです」
「以前、自分で洋楽をカバーして、開演前に流そうかっていうアイデアがあったんです」
「でも、実際にやるとなるとかなり大変なので、話は立ち消えになっていた。そして、時は流れ、今のバンドでツアーをするようになったのが2015年。バンドのバイブレーションがすごくよくて、そのときのツアーがとっても楽しかったんだよね」
「それで、そのツアーの途中で、本番前にメンバーに集まってもらって『このバンドでアルバムを作ろうと思うんだけど、話に乗る?』って聞いたら『楽しそう!やろう、やろう!』って反応でね、そこから始まったんです」

   洋楽邦楽を問わず、カバーアルバムには、そのアーティストや製作スタッフの音楽的良心が反映される。中には、曲の知名度に頼った商業的な目論見が先行した「お手軽」なものもあったりする。少なくとも今回の「The Moonlight Cats Radio Show」はそういうアルバムではない。

   彼が「なかなか大変で」という理由はいくつもある。例えば、曲の許可がある。歌いたいからと言って誰にでも歌わせてくれるわけではない。契約面での縛りの多い洋楽は特にそうだ。どんな曲が可能なのか。どういう条件がつくのか。そこから始めなければいけない。

   そして何よりも、そのクオリティーがある。

   オリジナルとの対比。原曲が古ければ古いほど、機材やレコーディングの方法も激変しており、もはや同じような音を出すことすら至難の業だったりする。更に、なぜその曲を選んだか、その曲をどう解釈したのか。その曲に対しての愛情をどこまで注げたのか。自分たちのオリジナリティをどうやって出すか。その一つ一つのハードルを越えることがどのくらい大変なことか。

   ファンクラブ会報誌「ROAD&SKY」には「21世紀を感じたいと言いつつレコーディングで盛り上がるバンドに向かって「極端にやりすぎると。しばらくしてから聴いて「やっぱりオリジナルのほうがよかった」って思うんだよね」と浜田省吾が釘をさすシーンもありました」という編集部の記述もあった。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!