2018年 8月 16日 (木)

Eカップ以上しかやってこない! 巨乳のためのブランド店がオープン

印刷

   胸が大きな女性ばかり集まるお店――。西武池袋本店3階の婦人服売り場「リミテッド エディション@オフィス」で2017年9月20日、そんなアパレル店がオープンした。

   Eカップ以上の女性に特化したアパレルブランド「HEART CLOSET」が初めて、リアルの店舗を立ち上げたのだ。10月31日までの期間限定で営業している。

  • 「HEART CLOSET」のアパレル店@西武池袋本店
    「HEART CLOSET」のアパレル店@西武池袋本店

ブランドの代表は高校時代、Gカップだった

   同ブランドは2015年、「胸のサイズから発想する、ファッションブランド」のコンセプトを掲げて設立された。黒澤美寿希代表が長年、胸の大きさに悩まされていたのがきっかけだ。高校時代で既にGカップだったという。

   「胸が強調されることでどうしてもセクシーに見えてしまう。ひとつ大きいサイズを着たら本来よりも太って見えてしまう。さらに、『みっともない格好をして...』『もっと胸もとを隠したら?』など、自分では解決できないことを指摘されることも多く、ずっと悩まされてきました」(同ブランドの公式サイトに書かれた黒澤代表のコメント)

   美しくすっきりとした胸元に見えるよう、立体的に裁断している。2つの隠しボタンが胸元のすき間から肌が見えるのを防ぎ、長い前丈のおかげで前裾が上がりにくい――。同社は公式サイトで商品の特徴をこう説明している。

   西武池袋本店の店舗で発売されているのは、働く女性の仕事服だ。1万6000円の「クラシックスキッパ―シャツ」と9800円の「カジュアルスキッパーシャツ」、2万8000円の「ブレザー」、2万9500円の「ショールカラージャケット」、2万8000円の「ワンピース」、2万1000円の「オールインワン」の全6種。

Eカップ以上の女性の悩みトップは?

   同ブランドを運営する「122」(東京都品川区)がEカップ以上の女性985人に行ったアンケート調査では、84.6%が「胸のサイズが原因で服選びに困った経験がある」と回答した。

   困った「服」の種類をたずねると、シャツやブラウス、ジャケットといったビジネスウエアが上位を占めていた。

   調査期間は、2017年4月23日から5月8日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック