2019年 11月 12日 (火)

谷山浩子、「静の非日常」
  時間が歪んでいくようなファンタジー

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

音楽に物語を求める

   童話は大人のためにあるお話、という言い方は特別なものではないだろう。大人だからこそ理解できる教訓や人生観が綴られていたりする。彼女の曲もそうだ。一見あどけない話に毒が潜んでいたり、かわいらしい話の落ちが人間の生死にかかることだったりする。アルバムの一曲目の「きつね」は宮沢賢治の「土神ときつね」がモチーフになっているという。嘘つきのきつねと神様のお話は、「言葉を選ぶ」という意味の作詞という概念では語れない。

   その最たるものが、「螺旋人形」だった。編曲を担当しているのが「世にも奇妙な物語」の音楽で知られる作曲家、蓜島邦明。月も夜も花も、全てがねじれて飛んで行く世界。螺旋階段と死んだ子供。インタビューをしていて「怖かったですよ」と感想を口にすると、彼女は「うれしい」と笑った。「いい曲ですね」でも「素敵な曲ですね」でもなく「怖い曲」と言って「うれしい」と言われたのは初めての経験だった。

「横溝正史に出てくるわらべ歌のような曲が書きたかったんです。殺人の見立てに使われるような歌。わらべ歌だけどちょっと不穏な感じにしたかった」

   もちろん、そういう物語だけではない。愛らしいリスの恋物語もある。それぞれが絵本やおとぎ話集のように一枚のアルバムになっている。

   彼女は、「今のポップスは全く知らないんです」と言って笑う。歌を書くというよりお話を作る。これまでの彼女の書いた曲が、ゲームやコミック好きな若者たちの間で静かなブームになっているのだそうだ。

   音楽の聴かれ方が変わってきている。

   音楽に物語を求める。

   それも一つの非日常体験でもあるのだと思う。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!