スピーカーを肩に乗せて... 臨場感あふれるサウンド再生を

印刷

   ソニーは、ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を2017年10月14日に発売する。付属の小型送信機をテレビに接続し、スピーカーを肩に乗せて手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あるサウンドで楽しめる。

  • スピーカーは「置く」から「着る」へ
    スピーカーは「置く」から「着る」へ

低音と振動による迫力あるサウンド

   スピーカーを首回りに配置することで、小音量でも豊かな量感の音声が耳に届き、音に包まれるような新しい視聴体験が可能で、映像の中に入り込んだような臨場感を省スペースで味わえるという。

   小型の専用フルレンジスピーカーユニットを左右に搭載。開口部から放射状に広がる独自のボディ構造とデジタル音声処理、また左右スピーカーに備えたスリット構造と音の方向性を整える「ディフューザー」の組み合わせにより、音を立体的に響かせ、包み込まれるような感覚を実現する。

   また左右スピーカーには低音を増強する「パッシブラジエーター」(電磁気回路のないスピーカー)を備え、低音を振動とともに再生。耳に入る音と振動が一体となり、その場にいるかのような迫力ある再生が可能。振動の強さは3段階で調節できる。

   背中から肩、鎖骨のラインに沿ったアーチ形状と汚れにくい加工を施したファブリック素材のインナークッションにより、長時間の使用やラフな姿勢でも快適で安定した装着感を実現。操作ボタンを内向きに配置し、装着しながら操作できるよう1つ1つを大きなデザインとした。

   乗せるだけで簡単に充電できる専用の充電台が付属。約3時間の充電で最大約7時間の連続使用が可能だ。付属のオーディオケーブルでスマートフォンなどの機器を接続し、動画や音楽を楽しめる。

   市場想定価格は2万5000円前後(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中