「うんこ漢字ドリル」に続け 「おなら」漢字ドリルの担当者「二匹目のドジョウ」発言も...

印刷

   「『うんこドリル』は今までのドリルの常識を覆す画期的な商品でしたので、『やられた!』という感はありました」――。

   学習参考書を手がける水王舎の出版本部長はこう振り返り、「なかなか2番手を出す出版社がなかったので...」と「まいにちおならでかん字ドリル」を刊行した狙いを明かした。

  • 「まいにちおならでかん字ドリル 小学1年生」
    「まいにちおならでかん字ドリル 小学1年生」
  • 「宅」の例文(まいにちおならでかん字ドリル 小学6年生)(画像は、「おならで漢字ドリル」公式ツイッターから)
    「宅」の例文(まいにちおならでかん字ドリル 小学6年生)(画像は、「おならで漢字ドリル」公式ツイッターから)

担当者「2番手までは注目を集めやすい」

   全例文に「うんこ」の3文字を用いた書籍「うんこ漢字ドリル」(文響社)が、出版業界に旋風を巻き起こしている。2017年3月24日の発売以来わずか約2か月で220万部に達するなど、学習参考書としては異例の売り上げを記録した。

   5月15日の段階では、大手通販サイト「Amazon」の売れ筋ランキングで「本(総合)」の1~6位を独占。10月2日現在、「本(総合)」のランキング上位から脱落こそしたものの、「小学教科書・参考書」の部門でみると、「小学1年生」編が2位、「小学2年生」編は6位に名を連ねている。

   そんな「うんこ漢字ドリル」の人気にあやかるかのように刊行されたのが、「まいにちおならでかん字ドリル」(水王舎)なる学習参考書だ。

「毎日嗅ぎたくなる...じゃなく、書きたくなる」

のコンセプトで編纂し、全例文に「おなら」の3文字を使用した。

   2017年7月下旬の発売後、シリーズ累計の発行部数は1か月で16万部を突破している。先の「Amazon」ランキングでは、「小学教科書・参考書」の「国語」部門で590位(「小学1年生」編)だが、東京メトロで広告を掲載するなど、宣伝活動にも余念がない。ツイッターなどインターネット上では、

「電車の広告で知ったけど今度はおならの漢字ドリル出たんだ(笑)」
「うんこ漢字ドリルの次はおなら漢字ドリルか そのアイデアに思わずプッとなってしまった(笑)」
「う〇こドリルの次は、おならで漢字ドリルww小学生すごいなーwてか、出版社もよく出したなw」

と話題を呼んでいる。

   一方では、

「『おならで漢字ドリル』の二番煎じ感がすごい」
「あからさまな二匹目のドジョウ。例のやつとは別の出版社だね」
「漢字ドリルのうんこ、次はおならだって。二匹目のドジョウはいないでしょー」

など厳しい声も上がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中