2018年 9月 22日 (土)

機能はそのまま モバイル通信機能を省いて価格を抑えた「RoBoHoN」Wi-Fi専用モデル

印刷

   シャープは、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」のWi-Fi専用モデル「SR-02M-W」を2017年10月6日に発売する。

  • モバイル通信を省き、より購入しやすく
    モバイル通信を省き、より購入しやすく

個人向けは月額利用料「ココロプラン」1年無料

   「ロボホン」の特長である二足歩行や持ち歩けるコンパクトサイズ、カメラ機能、フォーカスフリーの小型レーザープロジェクター、歌やダンス、専用アプリなど現行モデルと同様の機能やコンテンツを搭載しつつ、LTE/3Gモバイル通信機能を省き、より価格を抑えられたという。

   個人利用では月額980円の利用料「ココロプラン」1年分が付属し、期間内は無料で使用できる。

   また法人向けには、パソコンでシナリオを作成し接客などに利用できる「受付・接客アプリ」や、商品説明などに利用できる「プレゼンアプリ」がセットの「ビジネスプレミアムプラン」を用意する。

   価格は13万8000円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中