あなたはどっち? メガネorコンタクト 男女で大きな「差」

印刷

   日常生活を送るうえで、視力が弱い人はメガネかコンタクトレンズ(以下、コンタクト)を使用するだろう。

   ツイッターを覗くと、「俺コンタクト怖いからメガネ!」、「自分 今メガネなんだけど やっぱりいろんな人に『メガネない方がいい』って言われるから、そろそろコンタクトにしようか迷ってる」などと、「メガネ派」か「コンタクト派」で分かれがち。果たしてメガネかコンタクト、どちらを使う人が多いのか。

   日用品流通の情報を扱うプラネットは、メガネとコンタクト使用に関する調査結果を2017年10月6日に発表した。

   男性全体で「メガネのみ使用」、つまりメガネ派は69.5%であったのに対し、女性の「メガネのみ使用」は51.3%と男女間で差が生じている。

  • あなたはメガネ派?コンタクト派?
    あなたはメガネ派?コンタクト派?
  • メガネとコンタクト、どちらを使う?
    メガネとコンタクト、どちらを使う?
  • コンタクトではなく、メガネを使うのはなぜ?
    コンタクトではなく、メガネを使うのはなぜ?

女性に多い「使い分け」派

   男女全体では、メガネのみ使用する人は62.4%。コンタクトだけを使用する人はわずか2.3%と、メガネのみとコンタクトのみでは大きな差が生じている。

   男女別で見ると、男性では、「メガネ派」に該当する「常にメガネをかけている」、「必要な時だけメガネをかけている」の2項目が69.5%におよぶ。メガネとコンタクトを使い分けているのは8.4%。コンタクトのみは1.3%だった。

   女性で同じく上記2項目は51.3%。使い分けている人は20.8%。コンタクトのみは4%。

   男女間でメガネのみを使用するメガネ派と、メガネとコンタクトの使い分けで差が生じていることがわかる。

   この場合の「使い分けている」とは、たとえば朝起きてコンタクトをつけ、帰宅してからはメガネという人や、デート時はコンタクト、学校ではメガネ――といった人が該当する。

   年代別で見ると、男性では、20代でメガネのみは55.3%、30代で49.1%。一方。60代以上のシニア層では8割以上がメガネのみだった。

   女性では、20代で30.6%、30代で40.3%、60代以上では7割以上がメガネのみだった。

   若い世代でメガネのみは多くないのに対し、シニア層ではメガネのみが大半だったことがわかる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中