「アパ社長カレー」ショップ、首都圏初進出へ! 飯田橋駅南に11月1日オープン

印刷

   アパホテル(東京都港区)が自社ブランドで販売している「アパ社長カレー」の専門店「アパ社長カレーショップ」が2017年11月1日、首都圏に初進出する。

   10月31日にオープンするアパホテル飯田橋駅南店(東京都千代田区)の1階に、直営レストランとして誕生する。

  • アパ社長カレーショップ飯田橋駅南店(写真は、2017年10月6日撮影)
    アパ社長カレーショップ飯田橋駅南店(写真は、2017年10月6日撮影)
  • 金沢カレーの定番「ロースカツ社長カレー」830円
    金沢カレーの定番「ロースカツ社長カレー」830円
  • 社長一押し「ラタトゥイユ社長カレー」780円
    社長一押し「ラタトゥイユ社長カレー」780円
  • 「エビフライ社長カレー」830円
    「エビフライ社長カレー」830円

カレーメニューは580円から

   アパ社長カレーショップは2017年2月19日、アパホテル広島駅前店(広島市南区)に併設される形で産声を上げた。11月1日12時、第2号店かつ首都圏第1号となる飯田橋駅南店がオープンする。場所は、JR中央線・総武線「飯田橋駅」の東口から徒歩3分だ。

   アパ社長カレーのベースは、石川県の代表的グルメ「金沢カレー」だ。オリジナルスパイスの風味と、牛肉と野菜を煮込んで引き出した甘さが絡み合う。

   カレーメニューは580円から、各種トッピングは100~150円、テイクアウトは全品可(いずれも税込)。

   開店当日の店内は、元谷芙美子社長が記念イベントで握手、撮影会に対応し、先着50人に「アパ社長カレー」を無料で提供する。この日に限り、アパ社長カレーを注文すればもれなくトッピング1種が無料でついてくる。

   首都圏第1号店がオープンする記念で、広島駅前店では月替わりの「ワンコインカレーサービス」を実施する。10月はロースカツ社長カレー(通常830円)、11月はラタトゥイユ社長カレー(780円)、12月はエビフライ社長カレー(830円)が500円(いずれも税込)で楽しめる。

   11月7日には、関西圏第1号店の御堂筋本町駅東店のオープンも控えている。

「ついに店舗できるのやばない?」

   飯田橋駅南店の存在は、9月下旬ごろからツイッターなどインターネット上で

「アパ社長カレー、ついに店舗できるのやばない?」
「飯田橋に新しくできるアパホテル、アパ社長カレーのお店が併設されるようだ」
「飯田橋,すでにアパホテルあるのにまたデカいの出来てる上にアパ社長カレーを食べれる店まで出来ててすごい」
「そういえば、ついに飯田橋に『アパ社長カレー』ができるらしい...」

と話題になっていた。通行人がネット上で、既に完成を間近に控えた同店舗の写真を公開していた。

   J-CASTトレンド編集部が10月6日、実際に現場を訪れた際は、「アパ社長カレー」の看板はあるものの、複数の作業員が工事に当たっており、開店情報やアルバイト募集の貼り紙などは一切なかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中