2018年 7月 19日 (木)

「東京メトロ」のシンボルカラーが「インク」に! 色鮮やかな9路線セット

印刷

   万年筆専門店の「BUNGUBOX(ブングボックス)」(静岡県浜松市)は「鉄道の日」の2017年10月14日、東京メトロのシンボルカラーをインクにした「東京メトロインクセット」を発売した。

   浜松本店と表参道店で販売中。ネット注文も受け付けている。価格は、1万2960 円(税込)。

  • 東京メトロのシンボルカラーがインクに…!
    東京メトロのシンボルカラーがインクに…!
  • カラーインクの塗り絵も楽しめる
    カラーインクの塗り絵も楽しめる

「江戸メトロ塗絵」の付録付き

   「東京メトロインクセット」は、東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線の各9路線がシンボルカラーとする9色のインクを入れたミニボトル(20ミリ)のセットだ。各路線の頭文字が入ったシンボルマークもボトルに入っており、インテリアとしても楽しめそうだ。

   公式サイトでは、同店の店長が同インクセットの制作秘話を公開している。

「昨年の12月、東京表参道にお店を出してから、考えていたこと。それは何か東京らしいインクを創れないか!?」

との発想から、「東京メトロ」のアイデアを思い付いたという。

   同インクセットは、東京メトロの路線図を京橋の老舗が手がけた竹紙に再現した「江戸メトロ繪図」と、その路線部分をインクで塗れる「江戸メトロ塗絵」の付録付きだ。主要な駅名は江戸文字で表しており、江戸時代の東京を彷彿とさせる地図に仕上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中