「財布の管理は妻が普通だよね?」 彼女の主張に、彼氏ブチギレ

印刷

   夫婦の財布のひもを握るのは、夫がすべき?妻がすべき?それとも共同――?古典的ではあるが悩ましいこのテーマに対し、ネット上で火がつき盛り上がっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

管理できる方がやればよい

   ネットの掲示板「5ちゃんねる」で2017年10月8日、

「彼女『結婚したら財布の管理って妻がやるのが普通だよね?』」

といった投稿があり、揉めに揉めている。

   投稿主には、付き合って10か月になる同い年(32)の彼女がおり、ある日、家計管理をめぐる上記の価値観をぶつけられたという。理由は(1)お小遣いの額は自分で決めたい(2)実家では母が家計管理していたため。

   投稿主は、「現状を共有できるし不満が出づらい」ことをメリットにあげ、共同での管理を提案。だが、お互いの主張は平行線をたどり、この価値観の相違が原因で別れてしまったそうだ。

   投稿主は、「やましい事がなかったら二人管理でいいよな」として

「何でわざわざ不透明な状況にしたがるんだ」

とやり場のない怒りをぶつけている。

   この投稿には、16日時点で200件以上のレス(返信)が寄せられており、

「管理したがる女は地雷っぽい」
「これまで通りそれぞれで管理してればいいよね」
「俺は管理全部嫁に任せてる その方が仕事に集中できるしな」
「男女関係無く管理できる方がやるべきよ」

など、さまざまな意見があがっている。

貯金を増やすには夫の管理がベスト?

   KDDIが25~39歳の既婚男女400人を対象に、16年8月12~16日に実施した調査では、

   「妻が一元管理」が最も多く37.5%だった。以降「共同管理」(30.0%)、「特に決めていない」(17.8%)が続き、「夫が一元管理」(14.8%)が一番低かった。

   他方でこんなデータもある。楽天市場の「2017年 夫婦のお財布管理調査」(17年6月2~4日、30~40代の既婚者男女400人に実施)によると、夫が家計を管理するか、それとも妻がするかで貯蓄額に「約200万円」もの開きがあるという。

   妻が管理している世帯の平均貯蓄額は792.1万円だったのに対し、夫が管理している世帯は985.3万円という結果に。夫婦共同では750.4万円だ。

   この結果を受け、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏は、

「一般的に男性は、体系的に物事を考えることを得意とする傾向があり、女性は目の前のモノを吟味することに長けています。今回の調査対象の家計管理者の男性は、体系的に家庭のお金の管理をルール化できている方が多かったのだと考えられます」

と分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中