2019年 5月 24日 (金)

海外のトイレトラブル遭遇者9割近く どんなトラブルあった?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   海外旅行でのトラブルといえば、パスポートを紛失した、財布が盗まれた、深刻なものだと犯罪に巻き込まれた、などがあるだろう。

   だがトイレのことで困った人も多いのではないだろうか。

   DeNAトラベルは、10代~60代の男女3091名を対象に「海外旅行中のトイレ事情」に関する調査を実施した。

  • 海外でのトイレトラブルとは…
    海外でのトイレトラブルとは…

日本に勝る「トイレ国」はない!

   調査では、海外旅行中にトイレで困ったことがあるか、どのようなことで困ったか、など海外でのトイレトラブルについて調査した。

   「海外旅行中にトイレで困ったことがあるか」という質問に対し、「ある」と回答した人が86.8%と、9割近い人がトイレのことで困ったことがあるという。

   具体的に困ったこととして、圧倒的多数で「トイレが汚い」が81.1%。次いで「トイレットペーパーがない」で54.0%、「トイレットペーパーが流せない」で52.2%だった。

   公衆トイレでも綺麗に掃除され、トイレットペーパーが完備されているところが多い日本の環境に慣れていると、海外のトイレに行くと思わぬトラブルに遭うようだ。

   また、20回以上海外旅行に行っている人を対象に、海外のトイレでよかった国と悪かった国を尋ねている。

   よかった国では「特にない」が46.3%で最多。次いでハワイで18.6%、アメリカ本土で16.4%。やはりトイレの快適さで日本に勝る国はないと感じている人が多いようだ。

   悪かった国ではワーストは中国で48.8%。その他、上位にアジア圏の国が入っているなか、ヨーロッパではフランスで11.2%、イタリアで11.1%と、綺麗な街並みの都市ではトイレが意外にも悪いことが判明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中