北イタリアで突如「完成型」として登場したヴァイオリンは、その後の歴史を変えてしまった

印刷

   (前週から続く:家10件売っても買えないなんて... ヴァイオリンはなぜこんなに高いのか)16世紀の中頃、突如として「ヴァイオリン」が誕生したのは、北イタリアミラノの南東約80キロメートルのところにある小さな町、クレモナでのことです。

   アラブ圏から地中海を経てヨーロッパに伝わった弦楽器は、ヴィオールやヴァイオリンの祖先となる擦弦楽器だけでなく、指で弦をはじく・・つまり現代のギターの祖先でもある、ウードなどと呼ばれていた楽器もあり、それがヨーロッパで「リュート」と呼ばれる楽器に変化したため、弦楽器制作者は、イタリア語で「リュータイオ」、フランス語で「リューティエ」と呼ばれます。

   ポー川流域の中ほどにあって、水上交通による交易で栄えた小さな町クレモナに、突如として、歴史に名を遺すリュータイオたちが現れ、活躍したのです。

  • それ以前のC型をしたものから改良されF字孔と呼ばれる胴体の穴。アマティの時代から形は変わっていない
    それ以前のC型をしたものから改良されF字孔と呼ばれる胴体の穴。アマティの時代から形は変わっていない

メディチ家がなかったら音楽の歴史は変わっていた?

   もともと、木材の取引が盛んで、手工業が発達していたと思われるクレモナは、16世紀初めまではヴェネツィアの支配下にありましたが、その後、イタリア特有の小国の領土の他国による奪い合いが一時期あった後、この時期にはスペインの支配下で比較的安定した時期にありました。

   そして、先週も書きましたが、そのクレモナの町のリュータイオに、フランス王シャルル9世からの宮廷楽団用楽器制作の注文が届きます。彼の母親は、フランス語で、カトリーヌ・ド・メディシスと呼ばれた母后、イタリア語では、カテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチと呼ばれ、フィレンツェの名高きメディチ家の出身でした。1世紀ほど後になりますが、チェンバロやクラヴィコードといった鍵盤楽器をルーツに「ピアノフォルテ」と呼ばれるピアノの原型が作られるのも、メディチ家庇護下のフィレンツェですので、この名高き一族が存在しなかったら、クラシック、いや、音楽の歴史は変わったものになっていたかもしれません。

   ともあれ、シャルルのフランス宮廷で実権を握っていたカトリーヌは、宮廷で使われていたヴィオール族の、たおやかな音を出すおとなしい楽器ではなく、町の庶民たちの酒場などでこっそりと流行していた、もっと大きな音を出すエネルギッシュな楽器を所望していたようなのです。楽団もイタリアから呼び寄せましたが、彼らに持たせる楽器に、今までと違った工夫を加えるように、という指示があったかどうか・・それとも楽器製作者の「忖度」があったのかわかりませんが、町の流行楽器の特徴を新型弦楽器に取り入れたのは、間違いないようです。

   結果的に、クレモナの手工業者たちは、見事にフランス王家の期待に応えたのです。

   ヴァイオリン、(イタリア語ではヴィオリーノ)と呼ばれる楽器の誕生です。

世に名高い「ストラディヴァリウス」が生まれるまで

   現存する最古のヴァイオリンは、クレモナのリュータイオ、アンドレア・アマティが1565年ごろ制作したといわれる楽器です。その後、アマティの技術は、息子のアントニオとジローラモに受け継がれ、さらにジローラモの息子、ニコロ・アマティによって受け継がれ、「クレモナのアマティ一族」は絶頂期に達します。私が、知人から見せてもらった楽器も、専門家の鑑定によると、サインは父のものだが、製作はニコロで、彼の初期モデルに間違いない、と判断されているものだそうです。

   アマティ一族が生み出したヴァイオリンは、ほぼ、現在と同じ形のものでしたが、少しだけサイズが小さく、アマティ一族の楽器の特徴となっています。登場したころのヴァイオリンは、少しだけ小ぶりだったことをうかがわせますが、そんなに小さくても、あたりを圧倒する豊かな音が出る・・偶然、私は、先日また別の「ニコロ・アマティ制作の楽器」が奏でられる演奏に接することができたのですが・・・修復や整備が何度もされているとはいえ、300年以上たってもアマティ一族の複数の楽器が、時には数千人のホールで、マイクなしで朗々と音が届く・・という豊かな響きを生み出しているのを見ると、ヴァイオリンという奇跡の楽器のポテンシャルに驚かざるを得ません。

   アマティ一族の栄華は親子三代、約100年にわたって続きますが、その後、ニコロの弟子、と称していた(実はアマティ工房側には正確な記録がないので、眉唾なのですが)天才リュータイオが登場します。アントニオ・ストラディヴァリです。

   彼は平均寿命が50歳の時代に、16歳から93歳で亡くなるまでの約80年間もの長期間にわたり、ヴァイオリンを含む弦楽器を制作し続け、1200ともいわれるヴァイオリンを世に送り出しました。現存するヴァイオリンは600丁と少し上回る台数だといわれています。これが世に名高い「ストラディヴァリウス」と呼ばれる名器たちです。

   ストラド、と略称でも呼ばれる楽器は、アマティのものよりも大きく、これが、現代のフルサイズのヴァイオリンのスタンダードな大きさ、とほぼ言えるでしょう。

   たくさんの弟子を抱えたアマティ工房から出たと思しきストラディヴァリは、11人の子沢山であったにもかかわらず、結局彼の高度な技法を受け継ぐ職人は現れませんでした。本当に「一代限り」の輝きだったのです。

   アマティ一族や、ストラディヴァリのほかにも、グァルネリ一族と呼ばれる、ヴァイオリン制作者たちが、この時期のクレモナで活躍しました。本当に、この時期のクレモナは、様々な条件・・木材やニスの原料などの入手のしやすさ、音楽活動が国境をまたいで盛んになったこと、つかの間とはいえ平和であったこと、様々な条件が重なって、完成度の高い、現代まで、小改良だけで生き延びることのできる奇跡の楽器「ヴァイオリン」を生み出したのです。

他の類似楽器を駆逐してしまう圧倒的存在感、それがヴァイオリン

   そして、クレモナのヴァイオリン制作の黄金期、17世紀以降に現れたのが、「クラシック音楽」なのです。

   現代では、復元された古楽器を使った「古楽演奏」ということで、これより古い時代のヨーロッパの音楽も復元演奏されるようになってきていますが、いわゆる「クラシック音楽」の一般的な定義の範疇に入る作曲家、モンテヴェルディやスカルラッティ親子、そしてヴィヴァルディ、バッハにヘンデル・・といった人たちは、みな「ヴァイオリンの突然の誕生以降」の作曲家なのです。みな、ヴァイオリンの豊かな響きを知っている音楽家たちです。

   逆説的に言えば、ヴァイオリンの豊かな響きを前提とした合奏やオーケストラを使うことが当たり前の時代になって、初めて現在につながる「クラシック音楽」が成立した、といってもよいのです。「あるとき、いきなり完成系でこの世に現れたヴァイオリン」が、いかに他の類似楽器を駆逐してしまう圧倒的存在感があり、その後の音楽の歴史を変えてしまう力を持っていた、といってもいいでしょう。今でもクラシック音楽は、他ジャンルの音楽に比べて、ソロでも、室内楽でも、管弦楽でも、ヴァイオリン族の楽器を多用しますが、そもそもの成り立ちを歴史をさかのぼって考えたとき、音楽と楽器が切っても切れぬ縁であることがわかります。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中