画家・岡田尚子氏、版画展を開催 狼とカラスを描き続けた11年の集大成が集結

印刷

   2017年11月2日~5日の期間、画家でイラストレーターの岡田尚子氏の版画展が開催される。

  • 展示される版画作品「まやかしと蝶」ⒸNAOKO OKADA
    展示される版画作品「まやかしと蝶」ⒸNAOKO OKADA
  • 岡田尚子氏
    岡田尚子氏

ライブペインティングも実施

   女性画家の岡田氏は、2002年に取手松陽高等学校(美術科・日本画専)を卒業後、イラストレーターとして活躍。

   2006年からは、「狼」と「カラス」に魅了され、彼らをモチーフにした作品を描き始める。「生まれながらに恐れられ、忌み嫌われる彼らの運命。その中で生きてきたからこそ、放てる強さと哀愁を描きたかった」――彼らに傾倒する理由をこう話す。

   透明感のあるリアルな作風が特徴で、風光明媚な風景と調和する狼とカラスの「共演」は一見に値するだろう。

   展覧会では、デビュー時から現在までの計57点を展示。約1年の構想を経て製作した新作5点も初披露する。

   展覧会は、新宿ヒルトピアアートスクエア(東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京地下1階)で開催。3~5日の13時からは、岡田氏本人によるライブペインティングも実施される。

   開場は11時~19時(最終日は17時まで)。入場は無料。一部を除き展示作品は購入も可能。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中