2018年 8月 14日 (火)

もう「ヌーハラ」とは呼ばせない! ズルズル音「カモフラージュ」するフォークが爆誕

印刷

   日清食品は2017年10月23日、「日清食品グループオンラインストア」でめん類をすする音を「カモフラージュ」する機能を備えたフォーク「音彦 -OTOHIKO-」の予約受け付けを開始した。

  • 「音彦 -OTOHIKO-」
    「音彦 -OTOHIKO-」
  • 清川進也氏
    清川進也氏

「音姫」に着想を得た

   「日清食品グループオンラインストア」のリニューアル1周年を記念したプロモーション活動の一環で、日清食品は2017年10月、独自の視点で「食にまつわる様々な問題」に取り組む商品開発プロジェクト「PRODUCT X (プロダクト・ペケ)」を開始した。「音彦」は、その第1弾となる。

   「音彦」の特徴は、めん類を食べる時にズルズルと音をたてる食べ方が周りに不快感を与えるとする「ヌードルハラスメント」を軽減できることだ。使い方は簡単、スマホに専用アプリをインストールし、「音彦」で好きなようにめん類をすするだけ。

   「音彦」の高性能集音マイクがすすり音を感知し、近距離無線通信を通じてスマホの専用アプリにその信号を送信する。信号を読み取ったスマホが、すすり音を「カモフラージュ」する音源を流してくれる。

   同社のプレスリリースによると、TOTOが製造販売するトイレ用擬音装置「音姫」に着想を得たのだという。音楽作家の清川進也氏にサウンドプロデューサーを依頼し、膨大なすすり音を収集、解析した。

   清川氏は

「僕が言うのはおこがましいですが、『音彦』ってひとつの幸福論だと思うんです。他者に気を使って麺をすすっていた人に思い切りすする自由を提供することもそうですし、今まで麺をすすったことがない人も、この『音彦』によって新しい体験へと踏み出し、新しい幸せを感じることがきっとできるから」

とコメントを寄せている。

   「音彦」の価格は1万4800円(税込)で、販売数量は、5000個。10月23日から予約申し込みを受け付ける。12月15日までの申し込み数が5000に達した場合のみ販売する。

   「音彦」の音は、下の動画から。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中