2018年 8月 19日 (日)

「アルコン」が医療漫画「JIN-仁-」のオリジナル作品公開 目の疾患がテーマ

印刷

   アイケア製品大手の「日本アルコン」と眼科医薬品を扱う「アルコン ファーマ」はこのほど、人気医療漫画「JIN-仁-」(原作:村上もとか)を題材としたオリジナルコンテンツを公開した。

  • 「JIN-仁-」×「アルコン」眼の章
    「JIN-仁-」×「アルコン」眼の章
  • 第一弾「老眼」
    第一弾「老眼」
  • 第二弾「糖尿病網膜症」
    第二弾「糖尿病網膜症」
  • 第三弾「白内障」
    第三弾「白内障」

「老眼」「糖尿病網膜症」「白内障」がテーマ

   10月10日「目の愛護デー」、10月12日「世界視力デー」。

   10月は「目」に関する記念日が多い。どちらも、目の重要性を改めて認識してもらいたいなどとする趣旨で設けられ、毎年世界各国でイベントが開催される。

   そこで、「日本アルコン」と「アルコン ファーマ」は、10月を「目の愛護月間」と命名し、目の疾患啓発のためのオリジナル漫画「『JIN-仁-』×『アルコン』眼の章」を制作した。

   日本アルコンの公式サイトで、10月10日「老眼」にまつわるストーリーを皮切りに、17日には「糖尿病網膜症」を掲載し、面白い内容になっている。つい先日24日は「白内障」を公開したばかりで、計3本を期間限定で公開中。いずれも40代以降に発症することが多い病気だ。

   ストーリーは、「JIN-仁-」の世界観を踏襲したもの。主人公で脳外科医の南方仁が江戸時代にタイムスリップし、勝海舟、西郷隆盛ら歴史上の人物と出会い、庶民や要人たちの目の疾患を現代の最新医療で救い出す。

   エンタメ作品として楽しむのはもちろん、自分自身の目の健康を考えるきっかけにもなるだろう。18年1月上旬まで公開予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中