2019年 5月 23日 (木)

居酒屋130人予約「ドタキャン」騒動 店が最後に感謝したワケ

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!
「今、まさに信じられない事が起こったのですが、貸切のお客様がドタキャンとなりまして...130名って...」

   東京・下北沢の居酒屋で2017年10月21日、130人の貸し切り予約が突然、キャンセルとなる事態が発生した。冒頭の文章は、同店が当日に公式ツイッターで投稿したものだ。ただ、事態はそこから急展開を見せた。居酒屋のオーナーが、2017年10月24日のJ-CASTトレンド編集部の取材に明かした。

  • 130人の貸し切りで予約していたが…
    130人の貸し切りで予約していたが…

2780円のコース料理

   オーナーの話によると、130人の貸し切り予約は2017年10月21日17時30分から2780円のコース料理で入っていた。同店内は140席なので、130人の団体客が入れば、ほぼ満席となる。同店が予約を受け付けたのは、およそ1か月前だった。

   だが団体客は、約束の17時30分を過ぎても同店に現れず。従業員が18時までに電話で連絡し、相手は予約のキャンセルを申し出た。相手は団体の代表者がいないとして、相談して後ほど連絡する、と話した。

   同店が17時48分、公式ツイッターで

「今、まさに信じられない事が起こったのですが、貸切のお客様がドタキャンとなりまして...130名って...という事でお席空いてます...まだ立ち直れてないですが...」

と報告すると、

「130名のキャンセルのショックは想像に難くありません」
「130名ドタキャンとか許さない。許さない」

など、店に同情するリプライが相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中