2018年 9月 24日 (月)

最大で糖質90%カット! 大阪王将の新メニュー「緑黄色野菜の天津飯」など

印刷

   イートアンド(東京都品川区)は2017年秋、全国の餃子専門店「大阪王将」で糖質を抑えたメニューをグランドメニューに導入した。

   西日本エリアで10月下旬から、東日本エリアで11月上旬から順次、販売を開始する(一部取り扱いのない店舗もある)。

管理栄養士が監修

   ビールとギョーザで一杯...というのもいいが、糖質が少しだけ気になる――。同社はそんな客のため、糖質を抑えたメニューを開発した。大阪王将の女性従業員で構成した商品開発チーム「デリシャス・インベンション・プロジェクト(DIP)」の管理栄養士が監修した。

   新メニューは、「緑黄色野菜の天津飯」「シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン」「糖質カット五目炒飯」の3つだ。

   「緑黄色野菜の天津飯」は、厚生労働省が推奨する1日分の摂取量120グラム分の緑黄色野菜を使用した。糖質は「ふわとろ天津飯」と比べ、40%カットの48.1グラムとなった。価格は、790円(税込)。西日本エリアでは、「緑黄色野菜の天津炒飯」(税込890円)も販売する。

   「シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン」は、シャキッと炒めた野菜としらたきのつるっとした食感がかみ合う1品。糖質は「大阪ちゃんぽん麺」と比べ、90%カットの1.9グラムとなった。価格は、890円(税込)。

   「糖質カット五目炒飯」は、ご飯の一部をあらびき鶏ミンチにした1品で、糖質は「五目炒飯」と比べ、50%カットの41.3グラムとなった。価格は、590円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中