ロードバイクタイプの電動アシスト自転車「YPJ-R」2018年モデル ヤマハらしいブルーをアクセントに!

印刷

   ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、ロードバイクタイプのスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-R(ワイピージェイアール)」2018年モデルを17年11月9日に発売する。

  • ブルーのアクセントカラーがヤマハらしい1台
    ブルーのアクセントカラーがヤマハらしい1台

最軽量の約15キロ

   車体全体のカラーリングを変更し、ホワイトを基調にヤマハらしいスポーティなイメージを際立たせるブルーとシルバーのグラフィックを施した「ピュアパールホワイト」と、ブラック×グレーのコンビネーションにゴールドをポイント使いすることで大人の上質感を演出する「ソリッドブラック/ダークグレー」の2色を採用した。また、バッテリーのグラフィックやハンドル(バーテープ)のカラーも変更し、同機種ならではのスポーティさとスマートさ溢れるデザインに仕上げた。

   さらに、ヤマハ製の電動アシスト自転車の中では最軽量の約15キロを実現。アシストのない領域でもスポーツ自転車としての快適な走行を可能にしたという。発進や加速などの場面ではアシストのメリットを生かしたパワフルな加速で巡航速度までスムーズにつなげてくれる。登り坂のシーンでは電動アシスト自転車ならではの走りを楽しめる。

   価格は24万8400円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中