「ウォウウォウ♪」といえばモー娘?長渕? マイ「Wow歌手」で熱い議論

印刷

   「Wow Wow(ウォウウォウ)~♪」――J-POPに頻出するこのフレーズ。歌詞検索サービス「歌ネット」で「Wow Wow」と検索すると、古今東西の曲が4000件以上ヒットする。

   ネット上ではいま、このフレーズを聞いて思い浮かべる歌手をめぐって、熱い議論が巻き起こっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

十人十色の答えに

   読売新聞が主催するQ&Aサイト「発言小町」で2017年10月26日、

   「ウォウウォウウォウ、と歌う歌手といったら?」

   といったスレッドが立った。

   投稿主の女性(47)はある日、自身が好きな歌手を夫(43)に伝えたという。すると、「あの、ウォウウォウウォウと歌う人?」との答えが返ってきた。投稿主としては記憶に全くなく、「違うよ、そう歌うのは○○さんでしょ?」と、堂々巡りが続いたという。

   レス(返信)をみると、11月6日時点で190ちかく寄せられており、十人十色の答えがあがっている。

Wow界の御三家

   比較的若いと思われるユーザーからは、

   「BABYMETAL」「ONE OK ROCK」「BUMP OF CHICKEN」「モーニング娘。」「絢香」「Every Little Thing」

などがあがった。

   BABYMETALの『Road of Resistance』は、「wow」が主役といっても過言ではない曲だ。歌詞には「wow」が15回登場し、それとは別にwowを連呼する間奏パートがある。

   それ以降の世代では、

   「米米CLUB」「LINDBERG」「BARBEE BOYS」「TUBE」「HOUND DOG」

など日本のロックを代表する人気バンドが中心を占めた。

   J-CASTトレンド編集部が調べたところ、スレッド内で多くの「票」を集めたのは、「浜田省吾」「世良公則(TWIST)「長渕剛」の3人だ(6日現在)。

   浜田省吾さんは、『悲しみは雪のように』『こんな気持のまま』など、歌詞に「wow」が登場する曲を10曲以上も持つ。

   世良公則さんは、wowの歌いだしで始まる『性 サガ』が印象的だという人が多かった。長渕剛さんは、力強い「wow」が響く代表曲『とんぼ』の存在とともに、長淵さん自身の「男らしくチョイ悪」なイメージから連想したという人も少なくなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中