2018年 8月 21日 (火)

足のクサさを教えてくれる! 資生堂「ニオイ」のセンサー付シューズを開発

印刷

   資生堂(東京都中央区)のブランド「エージーデオ24」は2017年秋、足のニオイの強さを測るニオイセンサー付シューズ「SENSING SHOES」と、これに対応するスマホアプリを開発した。

  • 「SENSING SHOES」
    「SENSING SHOES」
  • スマホアプリでニオイレベルを確認できる
    スマホアプリでニオイレベルを確認できる
  • スマホアプリでニオイレベルを確認できる
    スマホアプリでニオイレベルを確認できる

5段階のニオイレベル

   ニオイセンサー付きの「SENSING SHOES」は、履く人の足の臭度と湿度を測定し、その2つを合わせた独自のニオイレベル(レベル1~5)で表示する。利用者は「SENSING SHOES」専用のスマホアプリで、ニオイレベルを確認できる。

   ファッション性や履き心地にもこだわりのある靴のデザインは、シューズブランド「blueover」を採用している。女性用は、「blueover」を代表する定番モデル「mikey」を、男性用はハイテクスニーカーモデル「marty」を基調として開発した。

   資生堂が男女20~40代の1500人に実施したフットケアへの意識調査(デオドラント製品の利用者に限る。2016年6月、インターネット上で)によれば、足のニオイが気になる男性の割合は91.7%、女性は83.5%だった。日本のニオイ事情は年々複雑化しているとみている。ニオイで周囲に不快な思いをさせる「スメルハラスメント」(通称スメハラ)の相談窓口も2017年夏、NPO法人の日本消費者連盟(日消連)が2日間限定で開設したほど。

   資生堂は「人間の嗅覚は慣れやすく、自分のニオイには気づきにくい」ことが原因の1つだと考え、「SENSING SHOES」とスマホアプリを開発した。

   「SENSING SHOES」は2017年12月1~7日、「blueover」の旗艦店(大阪市西区)で展示する。販売する予定はない。

   詳しくは、下の動画から。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中