世界初!カラオケでスケボー 音楽&動画で「最強」空間演出

印刷

   東愛産業(京都市中京区)が運営するカラオケチェーン「ジャンボカラオケ広場」(以下ジャンカラ)は2017年11月10日、カラオケルームでスケートボードを楽しめるスケボールーム「スケカラ」を、スーパージャンカラ河原町本店(京都市中京区)にオープンする。

   同社の調べによると、カラオケでスケボーができるサービスは世界初だという。

  • カラオケでスケボーを楽しめる(写真は、施行中に撮影)
    カラオケでスケボーを楽しめる(写真は、施行中に撮影)

東京オリンピックの正式種目採用がきっかけ

   映画を見られるシアタールームに、ドラムセットやキーボードなどを演奏できるスタジオルーム、部屋の壁で「ボルダリング」を楽しめる「ボルカラ」......。

   同社は過去、斬新なコンセプトルームでさまざまなカラオケのスタイルを打ち出してきた。次に目を付けたのが、カラオケとスケートボードの融合だ。カラオケルーム内に、ランプと呼ばれる高さ80センチの構造物を設置した。

   「スケカラ」の部屋は、受付前にある。ガラス張りのため、受付周辺からもスケボーのプレーを見学して楽しめる。スケートボードやヘルメット、各種のプロテクター(膝、肘、手首)、シューズなどは、無料で貸し出し可能。スケートボードやミニクルーザーも持ち込める(インラインスケートとBMXは不可)。

   室内のサービスも充実している。スケカラ専用のドリンクバーがあるため、好きなときに無料でソフトドリンクを飲める。携帯電話やCD、DVD、ブルーレイから、好きな音楽をカラオケのスピーカーで流したり、動画を大型プロジェクターに映したりすれば、臨場感あふれる環境を演出できる。

   しかしなぜ、カラオケにスケボーを組み合わせたのか。東愛産業の担当者は、2017年11月8日のJ-CASTトレンド編集部の取材に

「2020年の東京オリンピックに新たに正式種目として採用されたのが、大きなきっかけだったと思う」

とし、「新しい価値を創出するために業界初、世界初の取り組みを行っていく一環でもある」と説明した。

   スケカラの収容人数をたずねると、

「部屋全体だと30人くらいは入れる」

と推測した。

「今後の反響次第で増設もありえる」

   スケカラは、オープン当日の11月10日から23日まで無料開放され、誰でも自由にタダで楽しめる。24日以降は、通常のカラオケルームと同じ料金設定で受け付ける(混雑した場合、利用時間を制限することがある)。

   東愛産業の担当者によると、現時点でスケカラは1部屋のみだという。担当者は、今後の反響次第で増設もありえる、と話した。

   スーパージャンカラ河原町本店はスケカラのオープンを記念し、オープン当日の11月10日17時30分から20時30分まで、オープニングパーティーを開催する。プロスケーターのデモンストレーションや、DJの音楽イベントなどを行う予定だ。出演者は、Fresh Dude Crewさん、DJ ALISHAさん、DJ FLIPさん、MC DCAさん。

   12日の12時から15時30分までは、スケボーの無料レッスンや、スケーターのデモンストレーションのイベントを実施する。出演者は、ハックルベリークルーズさん(いずれも参加費無料、当日先着順の受け付け)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中