いきものがかり・山下穂尊の初エッセイ集 思いをたっぷり書いた「いつでも心は放牧中」

印刷

   KADOKAWAは、「いきものがかり 山下穂尊の 『いつでも心は放牧中』」を2017年11月11日に発売する。

  • 放牧宣言後の動きもわかる
    放牧宣言後の動きもわかる

放牧中の発見まで

   メジャーデビュー10周年を迎えた「いきものがかり」は、1月に各々の可能性を伸ばすため「放牧宣言」を発表した。ギター・ハーモニカの山下穂尊(やましたほたか)は、ラジオ活動等のほか、7月7日からwebサイト「ウォーカープラス」で全10回の隔週連載を担当。その内容に大幅加筆をして書籍化したという初のエッセイだ。

   物事に捕らわれない自由な発想が出来る彼の生い立ちから、音楽との出会い、「いきものがかり」の活動、そして放牧中の発見まで。今まであまり明かされなかった話も含め、彼の思いがたっぷり詰まった一冊。

   価格は1574円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中