「明治おいしい牛乳」リニューアルで実質値上げ? 明治に聞いてみると...

印刷

   明治が、発売16年を迎える乳製品牛乳・乳飲料「明治おいしい牛乳」のリニューアルを着実に進めている。1000ミリの紙パックから900ミリのボトルキャップ式容器に一新する、このリニューアル。2017年11月7日には、関東圏で実施した。

   ツイッターなどインターネット上では、キャップ式を歓迎する声が上がる一方、容量削減を嘆く声が多数を占める。これは実質、値上げに当たるとの声も。明治の広報部に、J-CASTトレンド編集部が話を聞いてみると...。

  • 「明治おいしい牛乳注ぎ隊」がリニューアルのPRを担当する
    「明治おいしい牛乳注ぎ隊」がリニューアルのPRを担当する
  • 「明治おいしい牛乳注ぎ隊」がリニューアルのPRを担当する
    「明治おいしい牛乳注ぎ隊」がリニューアルのPRを担当する

全国展開も見据える

   明治が初めて900ミリの新容器を発売したのは、2016年9月だ。全国に先駆け、九州7県(沖縄除く)で先行発売した。紙パックから口の広いキャップ付きの容器に一新した。横幅は従来の容器と比べ、約5ミリ小さい。

   明治の広報担当者は、2017年11月8日のJ-CASTトレンド編集部の取材に

「三角屋根(紙パック容器)と違い、開封するまで中身が直接空気と触れにくいため、酸化を防ぎ鮮度を保てます。パッケージの遮光性を高めており、光による劣化も防げます」

と説明した。価格は、据え置いているという。

   同担当者によると、新容器の同商品は11月9日現在、九州、中国、四国、近畿、中部、関東地域で販売している。直近では、関東地域が11月7日に発売を開始したばかり。全国展開も視野に入れているのか質問すると、担当者は

「2017年度内(編注:2018年3月まで)の全国発売を見据えている」

と明かした。

「1000も900も大して変わらん」

   容量は1000ミリから900ミリに減ったが、価格は据え置かれる。ツイッターなどインターネット上では、「1000も900も大して変わらんやろ」などとリニューアルを歓迎する声が上がる一方、

「『おいしい牛乳』はパッケージが注ぎやすく変わったっていうけど、こっそり1000mlから900mlに減っているのでモヤモヤする」
「新型は100㎜l減らした上に価格据置きで実質値上げ」
「『キャップ型になって900mlになったよ!』ってお前どこでそんな要らんプチ整形かましてきたんや しかもお値段据え置きって...私のおいしい牛乳返して...」

と困惑する声が多数を占める。

   明治の広報担当者は、「実質、値上げではないか」との反応をどう受け止めているのか聞いたところ、

「新しいパッケージでお客様に高品質な価値を提供したいと考えている」

と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中