【12球団悲喜こもごも】「#2017年プロ野球もう忘れてやれよ大賞」に集まった黒歴史たち

印刷

   「#2017年プロ野球もう忘れてやれよ大賞」――ツイッターで、こんなハッシュタグが盛り上がりを見せている。

   17年シーズン中にプロ野球で起きた、ネタ色の強い珍プレーや黒歴史などをハッシュタグとともに紹介する「遊び」で、各チームのファンが思い思いの投稿をしている。

  • 「関係者ですか?」と聞かれて……(美馬投手のインスタグラムより)
    「関係者ですか?」と聞かれて……(美馬投手のインスタグラムより)

カープ、阪神、巨人

   J-CASTトレンド編集部の独断と偏見で、各12球団の中で多くの共感を集める投稿をまとめた。

■広島東洋カープ

・「揉みってる」
カープの主砲・鈴木誠也が、会員制バーラウンジで金髪美女の胸を揉んでいた、と週刊誌が報じた一件だ。

   シーズン中の夜遊びを撮られた格好となり、ファンからは叩かれるか――と思いきや、SNS上では「揉みってる」との言葉が作られ、ネタ化された。

・ダブル赤っ恥
球宴に出場した新井貴浩は、2戦目のセレモニーでなぜか、赤のビジター用ユニホームではなく白のホーム用を着て登場。あわてて着替えるハプニングとなった。

   さらに8月27日のドラゴンズ戦では、まだ2死にもかかわらず、アウトカウントを間違え一人ベンチに戻ろうとするボーンヘッドも。

■阪神タイガース

・バッドマン
ベテランの鳥谷敬が、男気あふれるガッツプレーで奇しくも笑いを誘った出来事だ。

   5月25日の試合で顔面死球を受け鼻骨を骨折した鳥谷は、翌日の試合で顔全体を覆う黒いフェースマスクを装着して強行出場。その見た目から「タイガーマスク」「バットマン」などと呼ばれる羽目となった。

・必殺「飛び蹴り」
矢野燿大作戦兼バッテリーコーチ(当時)が4月4日の試合で、ヤクルトのバレンティンに「飛び蹴り」を浴びせた。

   阪神・藤浪晋太郎が、ヤクルト・畠山和洋に与えた死球をめぐり、両軍入り乱れる乱闘が勃発。矢野コーチはバレンティンに突き飛ばされ、蹴りで応酬した。

■読売ジャイアンツ

・小林、HRで苦笑される
前半戦78試合を、ホームラン無しで折り返した小林誠司。待望の「1号」は、オールスター2戦目で飛び出した。しかもオリックスのエース・金子千尋からだ。

   まさかの一発に、ベンチの高橋由伸監督もびっくり。普段あまり感情をあらわにしないが、これには首をかしげて苦笑い。ベンチに戻ってきた小林の頭をヘルメット越しに叩いた。

・「V字開脚」
4月11日の広島戦で、ライトへの大飛球を懸命に追う長野久義。無情にも足がもつれ転んでしまい、ボールはグラブをかすめ落下した。

   転んだ際、両足が天に向かって大きく開き「V字開脚」の姿勢に。この偶然の産物が話題となった。

DeNA、中日、ヤクルト

■横浜DeNAベイスターズ

・KISS、KISS
4月6日の始球式に、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が登場した。上島竜兵が投じた一球は、バッターを務めた佐野恵太に打ち返され、お決まりの揉み合い~キスを披露。

   その後、なぜか佐野と高城俊人が同じくだりを繰り返し、上島が「営業妨害だろ!」と激怒した。

・ネコ乱入
4月13日の横浜スタジアムに、珍客が紛れ込んだ。

   試合中のグラウンドにどこからともなくぶち模様のネコが現れ、あちこちを駆け回る。試合は一時中断となるも、自ら一塁側カメラマン席に姿を消し、事なきを得た。

■中日ドラゴンズ

・巨人アレルギー
守護神・田島慎二は、極端ともいえるほど今季は巨人を苦手とした。

   防御率2.87と好成績でシーズンを終えたが、対巨人は9.58と壊滅的。12試合に登板し、失点は11。「巨人戦トラウマになってるな...」との指摘も数多くあがった。

・10点差逆転負け
中日ファンにとって悪夢の一日となった。

   7月26日のヤクルト戦で、7回を終え10対2と圧勝していたものの、8回に8点の猛攻を受け同点にされる。10回裏にはサヨナラ弾を浴びゲームセット。

■東京ヤクルトスワローズ

・敬遠暴投
ルーキ投手が5月21日の阪神戦で、敬遠球をワイルドピッチした。キャッチャーが立ち上がり、あからさまにボール球を要求したものの、山なりで軽く投げたボールはキャッチャーがジャンプしても届かない大暴投となった。

   3塁ランナーが生還し、これが決勝点に。痛い敗戦となった。

・またもやKISS
5月16日の巨人戦で、ヤクルト・武内晋一(走者)と、巨人・小林(捕手)が本塁上でクロスプレーとなる場面があった。

   この一幕をスポーツ紙が写真付きで報じたが、目を凝らすと小林のおでこに武内が「キス」をしているようにも見え、SNSで失笑とともに拡散された。

ソフトバンク、西武、楽天

■福岡ソフトバンクホークス

   ・夢中のあまりネットに激突
7月31日のTOKYO MXの番組で、声優・内田真礼が、ソフトバンクの甲斐拓也にインタビューする企画があった。

   インタビューは東京ドームのグラウンドで行われ、背後には福田秀平がチラチラ様子をうかがう姿も映る。あまりに見入ってしまったのか、福田が唐突に振り返ると目の前には防球ネットが。見事激突する恥ずかしいシーンが映った。

・ホットドックレースで試合中断
本拠地・ヤフオクドームでの試合では、3回表終了後に「ホットドッグレース」という着ぐるみによるアトラクションが行われる。しかし、5月31日の試合では事情が違った。

   3回表ソフトバンクの守備。2アウトでバッターを2ストライクに追い込み、3球目を空振りに仕留める。3アウトで交代......と思いきや、審判はボークを宣言。しかし、これに気づかなかった着ぐるみたちは、例のごとくグラウンドに登場。あっけにとられた選手たちを尻目にレースが展開された。

■埼玉西武ライオンズ

・鳥の襲撃
8月31日のKoboパーク宮城に突如、鳥の大群が舞い降りた。

   鳥たちは守備についていた西武ナインを襲い、身をかがめるなどして避ける選手たちはなんともこっけいだった。

・顔芸に「熱盛ィィ!」
プロ野球の試合などから熱く盛り上がったシーンを取り上げる「報道ステーション」のコーナー「きょうの熱盛」に、武隈祥太投手が選ばれた。

   その理由が「顔」だ。7月25日の試合で、レフトに大飛球を打たれた際、「入るな...入るな...」と心の声が如実に表れた表情を見せ、そのコミカルさが評価された。

■東北楽天ゴールデンイーグルス

・球宴ピッチャー、入口で止められる
楽天の立花陽三社長が7月14日、インスタグラムで「入り口で...関係者ですか?といわれこの表情」と投稿した。添付された写真には、目に落胆の色を浮かべた美馬学が写っている。

   オールスター第一戦の舞台であるナゴヤドームに入場する際、部外者と疑われてしまったようで、コメント欄には、「ウケる笑笑」「モロ関係者ww」といった声が寄せられた。

・アマダ―東浜に激怒
楽天のアマダ―が、9月1日の試合で「激怒」した。相手ピッチャーのソフトバンク・東浜巨が頭部付近に投球し、カッときたアマダ―は巨体を揺らし東浜に突進した。

   念のためだが、ボールは当たっていない。

オリックス、日ハム、ロッテ

■オリックス・バファローズ

・幻の来日1号
今季から加入した新外国人・マレーロ。20本のホームランを記録するなど大活躍したが、初HRはほろ苦かった。

   デビュー戦となった6月9日、いきなり左翼席へ特大弾を放ったが、本塁を踏み忘れる大チョンボ。来日1号をふいにした。

・「グリップエンド打」で失点
7月5日のソフトバンク戦で珍事が起きた。

   6回1死二塁。オリックス・金田和之が甲斐拓也へ投じた内角高めが、止めたバットのグリップエンドにヒット。そのまま一塁線へ転がり、慌てた金田が1塁へ悪送球。2塁ランナーは悠々ホームに還り、「秘打」で1点を献上してしまった。

■北海道日本ハムファイターズ

・つまずきボーク
4月11日のマウンドに上がった高梨裕稔が、思わぬ形で先制点を与えてしまった。

   三回2死満塁で、第一球、投げ......「おっとっとっと」。投球動作の際に姿勢を崩し、そのまま倒れ込んでしまった。ボークと判定されるもったいないプレーに。

・巨人の汚名返上に一役
球団ワーストの13連敗を喫した巨人。この歴史的連敗を「止めた」のが日ハムだ。

   6月9日の交流戦で、わずか1点しか奪えず1対2で敗戦。巨人ファンが歓喜する一方、日ハムファンは複雑な気分となっただろう。

■千葉ロッテマリーンズ

・牽制サヨナラ
8月17日の試合は、まさかの結末が待っていた。

   延長十一回裏、1死一、二塁と日本ハムのチャンスの場面。ロッテの松永昂大が、2塁へ牽制するも、横に逸れてボールはセンターへ。センターも捕球できず、ランナーは一気に生還。予想外の幕切れとなった。

・3連戦で30失点
5月12日~14日の日本ハムとの3連戦で、計9被弾30失点と投壊した。

   ロッテは今季、パ・リーグで唯一となるチーム防御率4点台(4.22)。来季に向けて、投手陣の再建が必要不可欠だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中