2018年 8月 16日 (木)

「なんで『#流行語大賞ノミネート』に選ばれなかった?」大賞を決めよう!

印刷

   「2017ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が2017年11月9日、発表された。豊田真由子前衆院議員の「ちーがーうーだーろー!」などが既に話題を呼んでいるが、どこか「ちーがーうーだーろー!」と言いたくなる単語も。例年同様、「なぜこれが入っていないの?」との声がネット上に巻き起こっている。

   J-CASTトレンド編集部は、ツイッターなどに溢れている巷の声を拾い上げ、「なんで『#流行語大賞ノミネート』に選ばれなかった?」大賞を決めることにした。

  • ノミネート30語が発表されたが…(写真は、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞発表で)
    ノミネート30語が発表されたが…(写真は、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞発表で)

「ジャスティス!!」「一線は越えていない」

   まず多くみられるのが、「どうしてこの単語じゃないの?」とのツッコミ。話題そのものはノミネート30語に取り上げられたものの、さらに流行語にふさわしい言葉がある、との指摘が相次いでいる。たとえば...

「この、ハゲェーーーーーーっ!」
「どうしてこんなことに、な・る・の・か・なぁ~?」
「ジャスティス!!」
「29連勝」

   豊田真由子前衆院議員の「ちーがーうーだーろー!」よりも「この、ハゲェーーーーーーっ!」や「どうしてこんなことに、な・る・の・か・なぁ~?」、お笑い芸人・サンシャイン池崎さん(36)がネタの冒頭で切り出す「空前絶後の」よりも決めゼリフの「ジャスティス!!」、将棋の藤井聡太四段の「藤井フィーバー」よりも新記録の「29連勝」の方が流行語にふさわしいという意見だ。

   政界絡みでは、「これも流行語にふさわしい」との声が多かった。

「一線は越えていない」
「排除」
「モリカケ」
「獣医師」
「ロケットマン」

などだ。

   今井絵理子参院議員は不倫報道で「一線は越えていない」と肉体関係を否定し、小池百合子都知事は衆院選前に民進党出身議員の一部を「排除いたします」と発言。森友学園の国有地買収問題と学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐる「モリカケ」「獣医師」や、米トランプ大統領が金正恩氏を非難した「ロケットマン」も流行語にふさわしいとの声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中