複数のクラウドサービスを簡単管理 SBクラウド「Alibaba Cloud」にも対応

印刷

   企業や個人がクラウドコンピューティング環境を利用できる「パブリッククラウド」のニーズが高まっている。2017年11月8日~10日に千葉・幕張メッセで開催された国内最大規模のIT見本市「Japan IT Week秋」では、注目の製品が出展された。

   モビンギ(本社・東京)の「Mobingi ALM V3」は、SBクラウド(本社・東京)が国内で提供する中国最大のクラウドサービス「Alibaba Cloud」に、新たに対応。そのうえで、複数のパブリッククラウドのリソース管理を自動化する。

  • SBクラウド代表取締役兼CEOの内山敏氏(左)とモビンギ社長のウェイランド・ジャン氏
    SBクラウド代表取締役兼CEOの内山敏氏(左)とモビンギ社長のウェイランド・ジャン氏
  • 「Mobingi ALM V3」の画面イメージ
    「Mobingi ALM V3」の画面イメージ

使い勝手を軸にユーザーメリット重視の設計

   企業で複数のパブリッククラウドのサービスを利用している場合、通常は各サービスの異なる管理画面にアクセスしなければならず、リソース管理も複雑だ。

   「Mobingi ALM V3」は従来品をバージョンアップし、ひとつの画面上から、Alibaba Cloudはじめ、Amazon Web Services(AWS)など複数のサービスをプルダウンで選択するだけで機会や機能に応じて使い分けできるようにした。専門知識のある技術者がいない場合でも画面操作が簡単で、Alibaba Cloudの導入が容易になる。また、役割によるアクセス権限設定や監査ログ機能など、企業が求める利用時の安全性と透明性を高める機能を追加した。

   今日、自社の人的資源や設備投資にかかる費用を考慮して社内システムのクラウド化を進めている企業が増えている。さらにビッグデータや人工知能(AI)の活用が注目され、これらをどう動かすかという点でも、パブリッククラウド利用の必要性が高まっている。

   そのうえで、「企業が1社のクラウドサービスだけでシステムを構築していく時代ではなくなっていく」と指摘したのは、SBクラウド代表取締役兼CEO(最高経営責任者)の内山敏氏。例えば日米間はAWS、日中間はAlibaba Cloud、というように複数を使いこなす場合、企業内のIT部門にとってはそれぞれを管理するだけでも負担が増す。今回の新製品は、こうした課題の解決を支援するために、使い勝手を軸にユーザーメリットを重視して設計された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中