2019年 6月 16日 (日)

駄菓子食べ放題の「駄菓子バー」新宿にオープン 過去最大級の店舗が昭和レトロ一色!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   駄菓子食べ放題や昭和レトロ感あふれる店内が人気のエンタメバー「駄菓子バー」の新店が、2017年11月17日、新宿・歌舞伎町にオープンする。

  • 駄菓子バー、新宿にオープン
    駄菓子バー、新宿にオープン

あげぱん、なつかしナポリタンも

   「新宿駄菓子バー」の目玉は、店内が昭和レトロな街並みの中、中央部にある巨大な「駄菓子屋ひよこ」だ。「店の中に店がある」ユニークなつくりで、ワクワク感が楽しめる。「ひよこ」の中にある常時100種類以上の駄菓子は食べ放題。懐かしいものから最近のものまで幅広くそろっている。

   また、フードメニューでは、きなこ、ココア、アイスあげぱんなど「給食のあげぱん」(200円)や「なつかしナポリタン」(780円)など、大人世代が喜ぶものが多い。

   また、たこせん(180円)、よっちゃんいかチヂミ(480円)、じゃがりこポテサラ(450円)といった駄菓子を使ったメニューも。

   2003年11月、恵比寿に第1店舗目をオープンし、2015年には初のフランチャイズ店舗となる「川崎駄菓子バー」、2017年6月には「かまた駄菓子バー」がオープン。「駄菓子バー」直営店は2016年オープンの「しぶや駄菓子バー」を入れて現在都内に4店舗を展開中。今回オープンする「新宿駄菓子バー」は、「駄菓子バー」内では最大級の広さの店舗となる。

   場所は、東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-wing5階。

   詳しくはグルメサイトまで。

   価格はすべて税別。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中