ギャルがはまる台湾の配信アプリ「17」 魅力を「へえ」に聞きました

印刷

   ここ最近、台湾発のある「ライブ配信アプリ」が注目を集めているのですが、みなさんご存知でしょうか。

   

   

   

   その気になるアプリとは、2015年7月にサービスを開始した「17(イチナナ) Live」(以下:「17」)です。

   なんと驚くことに248日で1000万ダウンロードを達成している同アプリは、毎日1万時間の配信が行われており、現在では世界で3000万ユーザーを誇るアジア最大のライブメディアとして人気を集めています。

   また、9月には日本進出を果たしており、今後は同プラットフォームを通じ、「ライバー」と言われるライブ配信者達が活躍する時代が来るとも言われているほどです。

   そこで今回は、「17」にて毎日ライブ配信を実施しているライバー・へえさんにインタビューを実施。その魅力について語ってもらいました。

へえさん
へえさん

「携帯」があれば誰でも配信できる

   ――まず、「17」始めようと思ったキッカケを教えてください。

   今年の4月からYouTubeを始めたんですが、もっと密にファンの方とコミュニケーションを取りたいと思ったのがキッカケです!YouTubeでも毎回沢山のコメントを頂いているのですが、リアルタイムに交流を取りたいなぁ...と。

   ――いつから実施されているのですか?

   私は10月からスタートしたので、17歴は1か月半ぐらいです。それまでもツイキャスなどでライブ配信をしていたこともあったのですが、毎日配信をするのは初めてです!

   ――なぜ、毎日配信を実施しようと思ったのですか?

   最初の2週間ぐらいは、毎日リスナーが5人~10人ぐらいしかいなくて、私の配信だけ過疎化してたんですよ(笑)。でも、ここで止めたらそれまで見てくれている人との交流もなくなるし、まずは1か月!と思いやり続けたら、1番多い時で約6000人の方が見に来てくれました。沢山のリスナーさんとコミュニケーションが出来るのが毎日配信の醍醐味ですね!

   ――6000人も!?それはすごいですね!では、ズバリ17の魅力を教えてください。

   ライブ配信中にリスナーの方がコメントをくれるので、その場でコミュニケーションを取れるが1番の魅力です! リアルなファンミーティングなどは、場所を借りたり、前もって準備なども必要ですが、17は自分の「携帯」があれば誰でも配信出来ちゃいます!今では、自分にとっても、ファンのみなさんにとっても、「いつでもすぐ遊びに来れるホーム」になっていますね!

trend_20171117122856.jpg

仲良しのLINEグループのよう

   ――その他、17独自の機能などを教えてください!

   毎日配信やギフトを頂くにつれ、自分自身の「レベル」といった数値が上がっていくんですね! 30レベルを超えると、「ギャング」といったコミュニティ機能を作ることが出来て、自分でそのコミュニティに加入させるリスナーさんをセレクト出来るんです。私のギャングは、毎日配信を見に来てくれているファンの方を中心に構成しています。

   ――ちなみにそのギャングの中ではどういったコミュニケーションが行われているのですか?

   それはギャングに加入出来た人の特典なので内緒です~(笑)。と言いたいところですが、まぁ簡単に言うと、LINEグループみたいな感じなので、「今日は〇時から配信しま~す!」と告知をしたり、「見に来てくれてありがとうございました!」とお礼を伝えたり、あとはその人達だけしか見ることの出来ない写真を送ったり...とか。仲良しのLINEグループみたいですごく楽しいですよ!

trend_20171117122940.jpg

   ――ライブ以外でもギャングといったコミュニティ機能でも交流を持っているんですね!では、へえさんはライブでどういった配信をされているのですか?

   毎日2時間ぐらい配信しているのですが、毎回自分にとっては、ある意味「エンタメショー」だと思って配信しています(笑)。毎回楽しんで頂けるように、ものまねをしたり、メイクをしたり、カラオケ配信をしたり...。ただただ、ダラダラ話していてもリスナーさんも飽きちゃうと思うので、毎回楽しんで頂けるような配信を心掛けています!

   ――ただ配信するだけではなく、そういったことを心掛けているとはリスナー思いですね!ちなみに人気ライバーの方はリスナーから多数のギフト(投げ銭)が送られてくるんですよね?

   そうですね!私もありがたいことにリスナーさんからギフトを頂く時もあるんですが、台湾の人気ライバーの人は、瞬時に数百万円のギフトが沢山のリスナーの方から送られるそうです。台湾では、ライブタレントとして活躍している人もいるので夢があるなぁって思います。

自分自身の個性を出せるツール

   ――では、今後、へえさんは17を通して、どういったことを発信していきたいですか?

   ズバリ! トップライバーになりたいです。今後、もっと注目を集めるアプリだと思いますし、日本でもさらに盛り上がっていくと思います。それに、ツイッターやインスタと違い、17の魅力はリスナーやファンの方々とダイレクトのその場でコミュニケーションを取れることだと思うんです。YouTubeを始めて気付いたことなのですが、動画は静止画と違い、より自分自身の個性を出せるツールだと思うので、トークの勉強に繋がったり、ファンの方にどういった自分が受け入れられるのかを模索出来たりと、自分自身の成長にも繋がります。17を通して、自分自身のキャラクターを発信し、いつかはトップライバーと呼ばれる日が来るよう頑張ります。

   ――ありがとうございました!

   「リスナーとのコミュニケーションが楽しい!」と目を輝かせながら語ってくれた、へえさん。

   台湾では、ライブタレントといった人達が活躍しているように、ユーチューバーに続き、ライバーがメディア進出する日も近いのかもしれません。

   今後益々盛り上がりを見せるであろう17とともに、トップライバーを目指し毎日配信を行う、へえさんにも注目していきましょう!

grp編集部

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中