ダウン症の人たちが作るユーモアあふれるアート 世田谷のギャラリーで展示販売

印刷

   東京都世田谷区にある「Gallery and Wonder(ギャラリー・アンド・ワンダー)」では、ダウン症の人たちとコラボレーションして生まれたアート作品「あ・doll」を展示販売中だ。

  • 「あ・doll」一例
    「あ・doll」一例

どんな顔のメッセージに出会えるかな?

   「あ・doll」と呼ばれる人形の顔部分は、ダウン症者の保護者グループ「世田谷ふたばの会」のモノ作りが大好きな人たちが集まる「クラフトClass」メンバーが作ったもの。この顔にボディ部分とキャッチコピーをつければ人形の完成だ。

   「それぞれ」「Keep Smile」「GOOD JOB!」「知ってる?」「おつかれさま!」など、顔とメッセージの組み合わせは同じものはなく、まさに一期一会だ。

   「Gallery and Wonder」によれば、ユーモラスであたたかなキャラクターは彼らの世界そのもの。挨拶やちょっとした贈り物、感謝の気持ちなどに利用してほしいという。

   場所は、東京都世田谷区若林4-25-5。営業時間は11時~18時。月曜、火曜定休。

   詳細は公式Facebookから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中