2019年 11月 21日 (木)

視聴者からの写真・動画提供「無償」にマツコ苦言 「感謝しておりますくらいはあったの?」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マスコミは一般人から写真や映像の提供を受けるとき、金銭を支払うべきではないのか――ネット上で、こんな議論がテレビ番組の放送をきっかけに巻き起こっている。

   テレビ番組が紹介したのは、事故現場の動画をマスコミ各社に提供した一般人がスクープ写真(映像)の賞を6つ獲得した、という実体験だった。

  • 何気なく撮影した写真が…
    何気なく撮影した写真が…

「ちゃんとお支払しているの?」

   マツコ・デラックスさんと有吉弘行さんのトークバラエティ番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)の2017年11月22日放送回では、博多駅前道路の陥没事故(2016年11月26日)に遭遇した26歳会社員の便りを紹介した。

   投稿者は当日の夜明け前、愛犬との散歩中に事故に遭遇、無我夢中で現場の動画と静止画を撮影した。その後、近付いてきた新聞記者が「動画を使いたい」と頼むので、投稿者が動画を渡したところ、テレビ各局から「動画使わせてください」との電話がかかってくるように。投稿者の動画はニュース番組やワイドショー番組で何度も流れたという。

   すると2017年、投稿者は一般人にもかかわらず、次々と報道写真の表彰を受けた。本人いわく、その数は6つ。総額150万円の賞金を得たという。

「よみうり写真大賞 ニュース&ドキュメンタリー部門 一席」
「朝日新聞 2016読者の新聞写真 代表作」
「NHK投稿映像部門 スクープ映像部門 最優秀賞」など。

   投稿者は「お二人にそんな裏話があったことを知ってほしくてメールしました」という。

   マツコさんと有吉さんはここまで聞くと、「おもしろい話だね」(有吉さん)とした上で、投稿者への謝礼をめぐる疑問を呈した。

「お金がどうなんだ」(有吉さん)
「ちゃんとお支払しているんですか?」(マツコさん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!