本格的な写真表現を求めるユーザーに...コンパクトデジカメのフラッグシップ「PowerShot G1 X Mark III」

印刷

   キヤノンは、コンパクトデジタルカメラのフラッグシップモデル「PowerShot G1 X Mark III」を2017年11月下旬に発売する。

  • フラッグシップと呼ぶにふさわしい高画質
    フラッグシップと呼ぶにふさわしい高画質

従来モデルから小型軽量化しながら、さらなる高画質

   本格的な写真表現を求めるユーザー向けだというレンズ一体型タイプ。同社のコンパクトカメラ初だというAPS-Cサイズ、有効画素数約2420万画素CMOSセンサー、大口径光学3倍ズームレンズ、映像エンジン「DIGIC 7」の連携で、軽量コンパクトボディながら、高感度撮影時のノイズ耐性や高画質を実現。

   従来モデルに比べ質量約27%、堆積は約16%という小型・軽量化を実現しながら、高精度・高画質の「デュアルピクセルCMOS AF(オートフォーカス)」、防塵・防滴性能などの機能を搭載。

   ファインダー撮影時には内蔵の高精細EVF(電子ビューファインダー)とタッチ操作対応のバリアングル液晶モニターが連動し、EVF上のAF枠を液晶モニターのタッチ操作で直感的なピント合わせが可能な「タッチ&ドラッグAF」機能を備える。

   価格はオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中