スマホ撮影で即現金化「メルカリNOW」スタート! 「勝者はメルカリか、CASHか」

印刷

   フリマアプリ「メルカリ」は2017年11月27日12時、スマホで撮影するだけですぐに不用品を現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」を開始した。運営するメルカリ(東京都港区)が同日、発表した。

   即時買い取りサービスをめぐっては、DMM.com(東京都港区)が買収したベンチャー企業のバンク(東京都渋谷区)が運営する「CASH」が先行しており、ネット上では「勝者はメルカリか、CASHか」など今後の展開に注目が高まっている。

  • 「CASH」は、最低買い取り金額を1000円に
    「CASH」は、最低買い取り金額を1000円に
  • 「CASH」は、最低買い取り金額を1000円に
    「CASH」は、最低買い取り金額を1000円に

査定金額の上限は、2万円

   「メルカリNOW」は、フリマアプリ「メルカリ」内で開始する即時買い取りサービスだ。ユーザーは、手持ちの商品のブランドと状態を選び、スマホのカメラで撮影すれば、すぐに査定金額が提示されて確認できる。メルカリのグループ会社「ソウゾウ」が商品を買い取り、ユーザーのアカウントに現金(売上金)を支払う。ユーザーはこれまでと違い、商品が売れるまで待つ必要もなければ、やり取りの手間も省略できるようになる。

   査定金額の上限は、2万円まで。現金化した商品は、メルカリが2週間以内に無料でユーザーの自宅まで集荷に来る。売上金は、「メルカリ」での買い物に利用できる上、口座に引き出せる。

   買い取り対象の商品は、当初はレディースやメンズの服飾品に限定し、利用状況を見ながらカテゴリを拡大する予定。金額の査定では「メルカリ」の1日100万品超にのぼる取引データを利用するため、同社は報道発表で

「既存の類似サービスに比べてより納得感の高い金額で、すぐ確実に現金化することができる」

としている。

最低買い取り金額を1000円に

   即時買い取りサービスをめぐっては、ベンチャー企業・バンクが運営するスマホアプリ「CASH」が2017年6月のリリースで先行していた。「CASH」は、手持ちの商品をスマホで撮影した写真を送ると即座に査定を受けられ、振り込まれた現金を銀行口座やコンビニで受け取れる仕組みだ。DMM.comが11月21日、約70億円で買収して話題を呼んだ。

   11月27日朝には、同日から「CASH」の出品物の最低買い取り金額を1000円に設定したとバンクが発表。「メルカリNOW」への対抗手段とみる向きもあるようだ。

   ツイッターなどインターネット上では、

「DMMとかさ、メルカリがすごいスピード感でガンガンやられると、こちとら商売あがったりなんだよ!いいぞもっとやれたのしい」
「勝者はメルカリか、CASHか」
「今すぐ現金!→CASH 今すぐ売りたい(邪魔だし) →メルカリNOW になるのかと思う」
「いやあ驚いた。『メルカリよりも速く現金化ができる』が売りのCASHがDMMに買収されたと思ったら、メルカリも同じ市場に入ってくるとは。2大ユニコーンによる、ガチンコ勝負の様相を呈してきた」
「これが流行れば、キャッシュレス社会にまた一歩近づけるのではないかしら」

と、「CASH」と比較する声などで盛り上がりをみせている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中