2018年 12月 19日 (水)

一人ひとりにその日にピッタリの美容液を抽出 資生堂、IoT化粧品「Optune」を発表

印刷

   「パーソナライズド・ビューティに全力で取り組んでいく」――資生堂ジャパン・杉山繁和社長はこう話す。

   その言葉を象徴するように、同社は2017年11月27日、個人に最適なスキンケア化粧品を生成できるIoTスキンケアシステム「Optune(オプチューン)」の試用版を発表した。

  • 「Optune」はコーヒーマシンほどのコンパクトサイズ
    「Optune」はコーヒーマシンほどのコンパクトサイズ
  • 専用アプリの利用イメージ
    専用アプリの利用イメージ

18年春に販売予定

   「Optune」は、OPTIMIZE(最適化)とTUNE(調和)を組みあわせた造語だ。一人ひとりの肌状態や気温などに合わせ、オーダーメードのスキンケア化粧品を提案・生成するというもの。

   同社事業戦略部の川崎道文ブランドマネージャーは、

「肌は外部環境はもちろん、食生活や睡眠時間、生理周期などによって常に揺れ動いている」

と指摘。そのため購入時には最適だったスキンケア化粧品も、徐々に合わなくなる場合がある。「Optune」はそうした悩みに寄り添って開発された。

   使い方はこうだ。まず、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンで、自身の肌を撮影する。次に、ストレス状態や睡眠状態などをアプリ上で入力。湿度や紫外線量などの気象情報が自動的に取り込まれ、準備はこれで完了だ。

   このデータが、クラウドサーバーを経由して、美容液・乳液入りの専用カートリッジ5本が備わったマシンに送られる。データをもとに独自のアルゴリズムで最適な配合量が計算され、1000以上のパターンから抽出される。

   試用版は、2018年春に資生堂の通販サイト「ワタシプラス」で販売予定。同社は今後も改良を続け、早期の本格導入を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中