「弁当少なすぎ!」→OK、約2000キロカロリー摂れるビッグな弁当箱作りました!

印刷

   通常のランチボックスでは物足りない......、という学生や成人男性は多いだろう。

   そんな人に向け、魔法びんなどを取り扱うサーモスが、大容量1.8リットルタイプの弁当箱「サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)」を2017年12月1日に発売する。

  • 「サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)」
    「サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)」
  • 「サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)」
    「サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)」
  • 使い方次第でヘルシー弁当にも
    使い方次第でヘルシー弁当にも
  • お弁当の一例
    お弁当の一例
  • 一例、大きい容器にはごはんを……
    一例、大きい容器にはごはんを……
  • 肉類などタンパク質もとって
    肉類などタンパク質もとって
  • 野菜もたっぷり
    野菜もたっぷり

約2000キロカロリー弁当がこれ一つでできちゃう

   1.8リットルと言われてもピンと来ないが、断熱構造の専用保冷ポーチを開けると、中には容量の異なる容器が3つ入っている。大が1つ、約半分サイズの小が2つだ。

   リリースには弁当の作り方の一例があった。

   大きい容器は950ミリリットルで、ここにごはん2合、420ミリリットルの小さい容器の1つに肉・魚・卵などのたんぱく質、もう1つに野菜・果物を入れるとすると、これだけで栄養バランスが良い約2000キロカロリーの弁当に仕上がる、という。

   もちろん入れる食材によってカロリーや量は変わってくる。入れるものは自由だ。「白米」「チャーハン」「ピラフ」なんてのも、ありかも......。

   弁当箱は食洗機対応で、手入れが簡単。箸と、箸ケース付き。

   価格はオープン価格。

   詳しくは公式サイトまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中