2019年 11月 21日 (木)

コードレスイヤホンを使ってみた もう、有線には戻れない

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   キーボード、マウス、スマホ充電と、ケーブルの時代が終わるかのように「ワイヤレス化」が急速に進んでいる。特にイヤホン市場では顕著で、AppleやSONY、BOSEなどの大手が続々参入している。

   そこで、「ケーブル歴」25年の記者が無線イヤホンを1週間試してみた。「たしかに便利そうでクールな感じがするけど、買い替えるのはなあ......」と二の足を踏んでいる読者には参考になるかも?

  • 「Galaxy Gear IconX」(サムスンの商品サイトより)
    「Galaxy Gear IconX」(サムスンの商品サイトより)
  • 「Galaxy Gear IconX」
    「Galaxy Gear IconX」

スマホ無しでも音の世界に

   無線イヤホン生活がスタート。今回試したのは、サムスンの「Galaxy Gear IconX」だ。価格は2万5000円とちょっと可愛くない。

   まずはスマホと「bluetooth」で接続する必要がある。本体側での操作は特段必要ないが、スマホ側では「Bluetooth」をオン、専用のアプリを開いて「接続」をタッチしないといけない。音楽を聞くたびに操作しないといけないので意外と骨が折れる。

   接続が完了すると、あとは好きな音楽を再生するだけ。記者はアマゾンの音楽サービス「Prime Music」で曲を流してみた。

   便利に感じたのは、イヤホンをタッチしたり上下になぞったりするだけで曲の再生・停止や音量の調整ができることだった。有線イヤホンだとわざわざスマホ上で操作しなくてはならなかったが、その煩わしさから解放された。

   また、イヤホン本体に曲を保存できるのは驚いた。PC・スマホ経由で最大1000曲まで取り込むことができ、スマホが無くても再生可能。スマホのバッテリーが無い時はとても助かった。

   そのほか、「リモート追跡」機能は地味に役立つ。ずぼらな性格のため、イヤホンを部屋のあちこちに置きっぱなしにしてしまい「迷子」になることが何度もあったが、本体からピーピーと音を鳴らせるので「捜索」時に大活躍した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!