東海道新幹線に「オージー・ビーフ」駅弁登場! JR東海子会社などとキャンペーン開始

印刷

   MLA豪州食肉家畜生産者事業団(本社:オーストラリア・シドニー)は2017年12月1日、ジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区)とジェイアール東海高島屋(名古屋市中村区)と連携した「オージー・ビーフ」(豪州産の牛肉)キャンペーンを開始する。

  • 「牛たん&ビフカツ重 オージー・ビーフDELI」
    「牛たん&ビフカツ重 オージー・ビーフDELI」

車内ワゴンで販売

   2017年12月1日に開始するキャンペーンの第1弾では、東海道新幹線のワゴンサービスなどを提供しているジェイアール東海パッセンジャーズの協力を得て、オージー・ビーフを使用した駅弁「牛たん&ビフカツ重 オージー・ビーフDELI」を期間限定で東海道新幹線の駅弁販売店やデリカステーション、車内ワゴンで販売する。

   東名阪で人気の高い駅弁「牛たん弁当」と、関西限定の人気駅弁「ビフカツ重」が組み合わさったものだ。牛たんは、やわらかい部位の「クラウンカット」のみ使用し、さっぱりとした塩ダレで味付けした。ビフカツの味付けには、関西で人気の「関西風だしソース」(オリバーソース)を染み込ませた。価格は、1250円(税込)。

   2018年3月のキャンペーン第2弾では、ジェイアール東海高島屋が運営する名古屋駅内の百貨店「ジェイアール名古屋タカシマヤ」で「オージー・ビーフフェア(仮称)」を開催する。

   同百貨店では初めてオージー・ビーフを単体で販売するほか、総菜各店からオージー・ビーフを使用した商品を期間限定で提供する。ジェイアール東海パッセンジャーズからも、オージー・ビーフを使用した新たな駅弁メニューが登場するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中