小倉優子、ママになっても「ゆうこりん」! こりん星の住み心地にも言及

印刷

   タレントの小倉優子さん(34)が、2017年12月6日、東京都内で行われたイベント「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2017」に特別ゲストとして登場した。

   小倉さんはランキングにのぼった街の印象や、「好きなママタレント」で1位に選ばれたことについて話した。

  • 「ママになっても『ゆうこりん』と呼ばれたい」と話した小倉優子さん
    「ママになっても『ゆうこりん』と呼ばれたい」と話した小倉優子さん

「千葉がランクインして嬉しい」

   今回のイベントは、住宅ローン専門金融機関の「ARUHI」のデータをもとに住宅専門家が選んだ1都3県で住みやすい街トップ10を発表する、というもの。

   ランキング発表前、小倉さんが千葉県出身だということから「千葉が入っていたらいいな」と期待していた。

   8位に「千葉ニュータウン」がランクインしていたことが発表されると、「千葉が入っていて嬉しい。大きめの商業施設があるので遠出する必要がないのもいいですね」と喜んだ。

   「千葉ニュータウン」には大規模商業施設があり、買い物の利便性が評価された。

   ちなみに、1位は南阿佐ヶ谷、2位は勝どき、3位は赤羽だった。南阿佐ヶ谷について、審査委員は「中央線の阿佐ヶ谷駅に近いことや、丸ノ内線で大手町、東京駅に行きやすい一方で、住宅環境が静かで住みやすい」と、選定基準を話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中