2018年 11月 18日 (日)

高齢者詐欺被害を防げ! 松平健が喝!「家族の約束を決めるのじゃ」

印刷

   オレオレ詐欺、還付金詐欺、架空請求――。高齢者を狙った詐欺の手口は年々巧妙になってきている。

   このような高齢者の詐欺被害未然防止を図るため、内閣府政府広報室は、警察庁・金融庁と連携し、「高齢者詐欺被害防止啓発キャンペーン」を、2017年12月11日から行う。

   11日には、東京・巣鴨でPRイベントが行われ、「未然奉行」こと俳優の松平健さんが、高齢者詐欺防止に「出陣」した。

  • 未然奉行として登場した松平健さん
    未然奉行として登場した松平健さん
  • 未然に防ぐには合言葉を聞くのが有効、と松平さん
    未然に防ぐには合言葉を聞くのが有効、と松平さん
  • 巣鴨地蔵通商店街で「奉行」自ら啓蒙活動
    巣鴨地蔵通商店街で「奉行」自ら啓蒙活動
  • チラシを配りPR活動
    チラシを配りPR活動
  • 受け取った人もうれしそう
    受け取った人もうれしそう
  • WEB動画「母との約束」篇も11日から政府広報オンライン 高齢者詐欺被害防止特集ページで公開
    WEB動画「母との約束」篇も11日から政府広報オンライン 高齢者詐欺被害防止特集ページで公開

誰もが被害を受ける可能性がある

   「未然奉行」として6年目を迎える松平さんは、

「この先も1人でも被害者を減らせるように、ゼロにできるように注意を呼びかけていきたい」

と、意気込みを語り、さらに、被害は首都圏だけでなく全国に及んでいることにも触れ、

「誰もが被害を受ける可能性があるので、未然に防ぐことを知ってほしい」

と、訴えた。

   本キャンペーンでは、親子間の会話を増やすことや高齢者の見守り強化の呼びかけはもとより、怪しい電話がかかってきた時のために前もって家族と交わす「約束」こそが、強力な防止策になると伝えている。

   そのため、「あらかじめ家族や周りの人たちと『約束』を決めるなら?」という質問に対しては、「合言葉を聞くのがいい」と、松平さんは言う。

   具体的には、お母さんの好きな花や好きな食べ物だそうで、自分たちしか知り得ない内容を、確認の材料とするのがいいそうだ。

   イベントの最後には、「詐欺・消費者トラブルから守るために、約束を決めるのじゃ!」と、大きく声をあげ、集まった観客たちを盛り立てていた。

「ANZEN漫才」が息子役、詐欺師役で出演

   今回のキャンペーンでは、お笑いコンビ「ANZEN漫才」を啓発キャラクターに起用して、「家族の約束が家族を守る。」をキーワードに、WEB動画「母との約束」篇を制作。

   「ANZEN漫才」のみやぞんさんが母思いの息子役を演じている。離れて暮らす母を想い、2人の「約束」を決めたことで、オレオレ詐欺師役のあらぽんさんからかかってきた詐欺電話をみごとに撃退する――というストーリーだ。

   動画は、12月11日から政府広報オンライン 高齢者詐欺被害防止特集ページで公開、また12月15日からTVCMとして全国でオンエアされる。新聞広告など多様な広報を展開しながら、「警察相談専用電話 #9110」など、困った時の相談窓口の利用を呼び掛ける。

   詳細は、高齢者詐欺被害防止特集ページから。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中