2018年 9月 21日 (金)

「とうとうそっちの具になったか...」 カップヌードル「謎肉」味のおにぎり しかも「半額」のワケ

印刷

   「カップヌードル」の定番具材「謎肉」が「おにぎり」の具になった。

   「とうとうそっちの具になったか...」。日清食品ホールディングス(大阪市淀川区)は2017年12月12日、「カップヌードル」の公式ツイッターをそう更新し、「謎肉」とラベルに書かれたおにぎりの写真を公開したのだ。

  • 「謎肉」味のおにぎり(写真提供:日清食品ホールディングス)
    「謎肉」味のおにぎり(写真提供:日清食品ホールディングス)

どちらで売っているんですか?

   このツイートには、

「最高です 私はカップヌードルを食べながらご飯を食べていたので、あの謎肉がおにぎりの具になるのはとても嬉しいです!!!」
「これは!?食してみたい!」

と歓喜のリプライ(返信)が届いた。一方、「謎肉」味のおにぎりはどこで売っているのか興味津々で、

「何処のコンビニですか?セブン?ローソン?ファミマ?」
「え どちらで売っているんですか?」

と質問するリプライも目立った。

   写真をよく見ると、「謎肉」味のおにぎりに「表示価格より半額」と半額シールが貼ってあるが、隣の「ツナマヨネーズ」味のおにぎりにはそれがない。この「謎」の安売りをめぐっても、

「めっちゃ半額なのワロタ」
「半額かよ!wwwwww」

と笑い交じりのリプライが寄せられた。

「反響によっては」商品化の可能性も...

「カップヌードルの人気具材である通称『謎肉』(正式にはダイスミンチ)がもしおにぎりの具になっていたら、というジョーク投稿です」

   2017年12月12日のJ-CASTトレンド編集部の取材に、日清食品ホールディングスの広報担当者はそう答えた。コンビニの棚で撮影したように見える写真も、実はスタジオで撮影したものだという。

   カップヌードルの公式SNSアカウントは以前から、ファンとのコミュニケーションの一環で「もし、こんなカップヌードルがあったら」と題するテーマで写真を投稿しており、「今回のおにぎりもその投稿のひとつです」(担当者)。商品化の予定をめぐっては、

「商品化の予定は現在ありませんが、反響によってはその可能性はございます。過去に『謎肉丼』『カップヌードル食ってる風Tシャツ』『カップヌードルお湯入れとる紙袋』などSNSで反響があったものを商品化したことはあります」

と回答を寄せた。

   なお、「謎肉」おにぎりに半額シールを貼ったのは、

「投稿に日常感を出すための演出ですが、実際にあったとしてもあまり売れなさそうだった」

からだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中