2018年 9月 25日 (火)

はい、大阪人集合~! あの「みっくちゅじゅーちゅ」がミルクまんじゅうになったぞ

印刷

   京都土産の定番「つぶあん入り生八つ橋 おたべ」「京ばあむ」などを製造・販売する美十(京都市南区)は2017年12月20日、飲料メーカーの日本サンガリア ベバレッジカンパニー(大阪市東住吉区)が販売する人気飲料「みっくちゅじゅーちゅ」とコラボしたミルクまんじゅう「みっくちゅじゅーちゅまんじゅう」を発売する。大阪地区の限定販売だ。

  • 「みっくちゅじゅーちゅまんじゅう」
    「みっくちゅじゅーちゅまんじゅう」

新大阪駅や大阪駅で販売

   「大阪生まれのフリフリみっくちゅじゅーちゅ」は関西の喫茶店定番メニューの1つ、ミックスジュースを再現した1品だ。オレンジとりんご、パインアップル、もも、バナナの果汁5種を混ぜ合わせたまろやかな味わいが好評を呼んでいる。

   美十が販売する「みっくちゅじゅーちゅまんじゅう」は、「みっくちゅじゅーちゅ」をイメージした餡を皮に包んでしっとりやわらかく焼き上げたものだ。商品のパッケージは「みっくちゅじゅーちゅ」の缶をイメージしたデザインに仕上げた。

   価格は、1個120円。6個入りが720円、12個入りが1200円(税別)。

   新大阪駅や大阪駅、大阪市内の主要売店などで販売する。

   「みっくちゅじゅーちゅ」は2001年、朝日放送(ABC)のバラエティ番組「ごきげん!ブランニュ」の企画でミックスジュースを全国に広めようと、番組の出演者やスタッフが企画し、日本サンガリアに持ちかけた。名付け親は、番組司会者のトミーズ雅さん。ラベルのロゴも同様、赤井英和さんの自筆だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中