2018年 11月 18日 (日)

Xmasプレゼント、売りに出したことが「ある」71% 「お金が必要」「気に入らない」

印刷

   クリスマスにもらったプレゼントを売りに出したことがある人は71.7%――。買い取り専門店「大吉」を全国展開するエンパワー(東京都新宿区)のアンケート調査が、こんなデータを割り出した。

  • クリスマスプレゼントを売りに出した理由とは…?
    クリスマスプレゼントを売りに出した理由とは…?

41.3%は「1年以内」に...

   同社は2017年12月、全国の20~60代男女300人にアンケートを取った。調査の対象者は皆、クリスマスの直前にプレゼントを用意するため、物品を売りに出したことがある人だという。

   「クリスマスプレゼントを売りに出したことがあるか」。71.7%の215人はこの質問に、「ある」と回答した。続けて「誰からのプレゼントだったか」たずねると、トップは「昔の恋人」(64.2%)。次いで「友人」(38.6%)、「父親」(30.2%)、「会社の同僚」(28.4%)となった。

   別れてどのくらい経って「昔の恋人」のプレゼントを売ったのか。トップは「1年以内」(41.3%)、次いで「3か月以内」(34.8%)、「3年以内」(33.3%)となった。極力早いうちに売りたい人もいれば、しばらく持っていたい人もいるのかもしれない。

時計、ダイヤ...高額買取、ありがとう!

   実際に売却したプレゼントの種類をたずねると、やはり「ブランド品」と答える人が多く、60.9%にのぼった。同じく高額買い取りになりそうな「時計」(45.6%)や「金・プラチナ」(38.6%)、「ダイヤ」(35.3%)も多かった。

   売りに出した理由は、「必要なくなったから」(57.2%)、「お金が必要だったから」(54.9%)、「捨てるのがもったいないから」(36.7%)、「気に入らなかったから」(35.7%)の順となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中