webで話題 若手官僚チームがまとめた「不安な個人、立ちすくむ国家」がマンガ化

印刷

   双葉社は「マンガで読む 不安な個人、立ちすくむ国家」を2017年12月29日に発売する。

  • みんなが主役になって考えるべきこと
    みんなが主役になって考えるべきこと

大反響を呼んだネット文書がマンガに

   ネット上で話題となり、異例の150万ダウンロードを遂げた同タイトルのPDFファイルをマンガ化。経産省の若手官僚チームが作成した、日本の将来像のあり方を問うもので、激動する世界情勢や高齢化社会のプレッシャー等の中で、日本は一種の機能不全に陥り、立ちすくんでいるという。そのショッキングな内容が大きな議論を巻き起こし、ポジティブな意見から痛烈な批判まで、様々な反響を呼んだ。実はそれこそが官僚たちの狙いで、今後の政策のグランドデザインを描くための一歩となる、国民的な議論を求めていたのだ。

   国を動かしどのような社会にするのかは、官僚や政治家だけでなく国民1人1人も考えなければならない。各章のテーマは現役世代やシルバー世代の未来など、日本人みんなに関係のあるものばかり。少々難しかった元の文書をマンガ仕立てでわかりやすく解説し、私たちの将来を考える旅に誘ってくれる1冊だ。

   価格は1100円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中