2018年 12月 16日 (日)

ギャル的ことしの「漢字一文字」 2017年はどんな年だった?

印刷

   2017年も残り僅か......。みなさんにとって今年はどういう1年だったでしょうか。

   コラムでは、毎年恒例の「ギャル的漢字一文字」でギャル界の2017年を振り返りたいと思います。いざ、ギャル界の2017年プレイバック!

trend_20171227160618.jpg

ギャルたちの中心にはいつもインスタがあった

   ■「撮」

   これを言わずして今年のギャル界を語ることは出来ません。今年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれたように、ギャル達もとにかく写真を撮りまくった1年でした。1枚の写真をアップするために、50枚撮るなんてザラ!納得いくまで何度も撮影に挑戦した1年だったと言っても過言ではありません。

   ■「旅」

   インスタが大ブームとなるとともに、フォトジェニックなスポットへ足を運ぶギャルも急増したのも2017年の特徴だと言えます。最高の1枚を撮るためなら、国内を飛び出し、海外へ遊びに行くなど、史上最強にインスタライフを満喫したギャルが多かったとも言えるでしょう。来年も続くと予想されるインスタだけに、まだまだ旅行にも注目が集まりそうです。

   ■「筋」

   これまでのギャル達は体に負荷の掛かる過度なダイエットに挑戦し、ある意味それが「理想」とされてきましたが、今年は違いました。インスタで筋トレ女子がブームになるとともに、毎日3食、バランスの良い食事を摂りながら、健康的にジム通いをするギャルが急増! 鍛え上げた肉体美をインスタにアップするなど、トレーニングを極めた1年でもありました。

テレビからYou Tubeへ

   ■「韓」

   昨年は韓国発の顔認識カメラアプリ「SNOW」が人気を集めましたが、今年は、韓国のファッションやコスメが大ブームとなりました。品数の豊富さや、他にはないエッジの効いた形、また、自慢したくなる可愛いパッケージなど、ギャル心を抑える要素で毎月雑誌で特集が組まれるほどに! 韓国のインスタグラマーにも注目するギャルも多かったですね。

   ■「袖」

   肩を出したオフショルダーが昨年人気を集めましたが、今年は袖元の裾がふわっと広がったフレアスリーブがギャル的マストバイアイテムに! アクセントが効いたフレア袖は、手首を華奢に見せてくれるのはもちろん、1枚で今年っぽさが出るアイテムへと成長したほどです。今年火が付いたアイテムだけに今後も盛り袖ブームが続きそうです。

   ■「動」

   若者のテレビ離れが囁かれているように、動画=YouTubeにハマるギャルが急増した1年でもありました。それには、ほぼ毎日「検索生活」を送るギャル達だからこそ、自身が合わせるテレビよりも、好きなチャンネルを自身でセレクト出来るYouTubeを支持したと言えるでしょう。またユーチューバーといった彼らにもスポットが集まりました。

   以上、ギャル界の2017年を振り返る「ギャル的漢字一文字」はいかがでしたか?

   「漢字一文字」を見ても分かるように、今年はインスタ軸で人気を集めるコトやモノが多かったと言えるでしょう。

   ただ個人的にはギャル流行語と同じように、あまりギャル要素が少なく、「悲(しい)」な1年だったように感じており、来年こそ盛り返しを期待したいところです。

   そして本年最後の挨拶となりますが、ギャルウォッチをご覧頂いた読者の皆様ならびに、編集のAさん、ありがとうございました。

   2017年も「ギャルウォッチ」にてリアルなギャルボイスをお届していきたいと思います。

   それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

   来年もギャルウォッチでお会いしましょう!

grp編集長・安部舞紗

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中