2018年 10月 23日 (火)

バッファローから、4K動画配信も快適に楽しめる「トライバンド仕様」Wi-Fiルーター

印刷

   パソコンおよびスマートフォンなどの周辺機器を手がけるバッファロー(名古屋市)は、Wi-Fiルーター「WTR-M2133HPシリーズ」を2018年1月上旬から順次発売する。

  • 4K時代に対応する「トライバンド」ルーター
    4K時代に対応する「トライバンド」ルーター

電波干渉・混雑を回避し安定した大容量通信

   高速規格「IEEE802.11ac」に対応した2つの5GHz帯(W52・W53・W56)と1つの2.4GHz帯、計3つの周波数帯域の同時通信を行う「トライバンド」仕様。3つの帯域で混雑を解消、快適な通信を実現した。

   接続機器を判別する「機器判別」、ほかのWi-Fi機器や電子レンジなどの機器から発生する干渉ノイズを自動で検知して回避する「干渉波自動回避」、接続している端末を5GHz/2.4GHzどちらかの混雑していない方へ自動で接続を切り替えて混雑を解消する「バンドステアリング」などの機能を搭載。「ひかりTV 4K」など安定した大容量通信が求められる4K動画配信サービスを快適に楽しめるという。

   さらに、通信の優先順位を設定する「アドバンスドQoS」機能に4K動画の配信を優先する「4Kモード」を新搭載。次世代ネットワーク網「IPv6」にも対応し、同接続サービスを利用した高速インターネット通信を利用できる。

   前後0~90度、横方向0~270度に可動する指向性アンテナは、従来モデルと比べ約1.5倍の通信速度を実現。室内を移動する対応スマートフォン/タブレットを自動追尾し、通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」を備える。

   カラーは、パールホワイトグレージュ、パールローズグレージュ(2月上旬発売予定)。

   価格は2万7700円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中