スポーツマンより「インテリ系」になりたい 男の子の将来の夢に「変化」

印刷

   第一生命は、全国の幼児・児童を対象に行ったアンケート「大人になったらなりたいもの」の調査結果を2018年1月5日に発表した。男の子の1位は15年ぶりに「学者・博士」。女の子は21年連続で「食べ物屋さん」が1位だった。

   調査は今回で29回目となる。保育園・幼稚園児および小学校1~6年生の約7万5000人がアンケートに協力し、このうち都道府県別、男女別、学年別に抽出した1100人の内容を集計・分析した。

  • 2017年の「大人になったらなりたいもの」ランキング(プレスリリースより)
    2017年の「大人になったらなりたいもの」ランキング(プレスリリースより)

野球・サッカー人気に「待った」

   2002年以来、15年ぶりに男の子の憧れの的となった「学者・博士」。第一生命は

「2014年から3年連続で日本人のノーベル賞受賞が続いていることも影響しているのかもしれない」

と分析する。実際、調査で上がった子どもたちの声には、「科学者になってがんを完璧に治す方法を見つけてノーベル賞をとりたい!」と頼もしい夢が語られていた。

   1位をめぐっては、これまで「野球選手」と「サッカー選手」がし烈な首位争いを繰り広げてきた。野球選手は15回、サッカー選手は12回、1位に選ばれている。

   ここ数年はサッカーが優勢で、2010~16年はサッカー選手が独壇場だった。しかし、2017年では2位に野球、3位にサッカーと形勢が逆転し、野球熱の高まりを感じさせる結果に。

   地域別でみると、西日本は1位が野球選手、2位に警察官・刑事、3位に学者・博士となっており、プロ野球・広島東洋カープのセ・リーグ優勝も少なからず影響していそうだ。

医療ドラマも影響? 女の子の憧れランキングに変化

   一方、女の子はどうか。こちらは「食べ物屋さん」が盤石で、1997年から連続で首位を守っている。2位以降は「看護師さん」「保育園・幼稚園の先生」「お医者さん」と続いた。

   ただし、2016年は2位の保育園・幼稚園の先生と8.4%もの開きがあったが、今回は2位の看護師さんと1.8%ほどしか差がなかった。小学校中高学年に限っては、看護師さんが1位となっており、「看護師さん」が不動の1位「食べ物屋さん」に迫る勢いとなっている。

   第一生命は

「昨年、医療ドラマがいくつも登場し話題を集めました。命を救うために全力を尽くす医師や、それをサポートする看護師の姿が女の子の心に響いたのではないでしょうか」

と分析した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中