2018年 9月 23日 (日)

さらに進化! フロント二輪オートマチックコミューター「TRICITY125/ABS」2018年モデル発売

印刷

   ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、フロント二輪オートマチックコミューター「TRICITY125/ABS」2018年モデルを1月20日に発売する。

  • さらに進化した個性的なフロント二輪
    さらに進化した個性的なフロント二輪
  • さらに進化した個性的なフロント二輪
    さらに進化した個性的なフロント二輪
  • さらに進化した個性的なフロント二輪
    さらに進化した個性的なフロント二輪
  • さらに進化した個性的なフロント二輪
    さらに進化した個性的なフロント二輪

高級感あるLEDヘッドランプ

   14年、15年に相次いで発売を開始した「TRICITY125」、「同 ABS」は、フロント二輪によって高い安定感を実現するLMW(Leaning Multi Wheel)モデル第1弾として支持されているという。

   新たに高い燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)を搭載した水冷4ストローク・124cm3"BLUE CORE"エンジンを搭載。高級感あるLEDヘッドランプを採用するなど、装備の充実を図った新モデルだ。また、乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンション、足付きにこだわったシート高765mmのメインシートなどが特長だ。

   さらに、従来からの特長である軽快でスポーティなハンドリングと安定感を叶えた独自のLMW機構や、フロント二輪を活かした"エレガント"で"モダン"なスタイルはそのまま継承している。

   価格はTRICITY125が39万4200円(税込)、同 ABSが43万2000円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中