2018年 6月 22日 (金)

車は大人の「秘密基地」だった カラオケ、読書、ラップ練習...多様化するカーシェア活用

印刷

   NTTドコモは2018年1月9日、1台の車を複数の会員が使う「カーシェアリング(カーシェア)」に関する調査結果を発表した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

4割が移動以外で使いたい

   カーシェアといえば、営業での外回りやドライブなど「移動目的」で利用されるイメージが強いが、カーシェア利用経験者400人のうち165人が「移動以外の用途で使いたい」と回答した。実際、移動以外の目的で利用したことがある人は1割以上いた。

   具体的な用途を自由回答で聞いたところ、「仮眠(休憩)」が最も多く64%。その他、「読書」(34%)や「音楽鑑賞」(22%)、「カラオケ」(12%)、「ラップの練習」(6%)など趣味を楽しむ場として活用されていることがわかった。

   また、「夜泣きの避難場所」「自撮り練習」「小顔体操」など女性特有とみられる使い方も。1人きりになれる車内ならではの利便性が支持されているようだ。

    調査は17年11月22日~24日の期間、20歳から69歳の男女800人を対象に実施した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中