2018年 10月 24日 (水)

不二家のケーキ「シフォン主義。」にネットあ然 音楽ファンも反応、一体どんな商品?

印刷

   洋菓子大手・不二家(東京都文京区)の商品名が「攻めすぎ」「2度見した」などとネット上で話題になっている。

  • 不二家の公式サイトより
    不二家の公式サイトより

「相対性理論」と関係?

   その商品とは、2015年8月に発売されたシフォンケーキ(税込320円)。カスタード入りのシフォン生地に生クリームをたっぷりのせ、同社の定番商品となっている。

   だが、見た目は非常にシンプル。ネットの世界で話題になるとはにわかに信じられないが、注目を集めているのは商品名―「シフォン主義。」―である。

   「シフォン」と「資本」をかけたとみられるネーミングだが、これがSNSでじわじわと評判に。18年1月11日にはツイッターのまとめサイト「togetter」で

「不二家が販売しているケーキのネーミングセンスがなかなか素敵→バンド『相対性理論』ファンも反応」

といったまとめが作成された。

   ネーミングの妙とともに、音楽バンド「相対性理論」が2008年に同名アルバムを発売していたこともあり、2つの要素で話題に火がついたようだ。

   それでは、不二家はどんな意味を込めてこの商品名を付けたのか。なにやら深い理由がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中