日本国民が選ぶ「好きなカレートッピング」ベスト10 栄えある第1位は...

印刷

   日本の「国民食」といわれる「カレー」。「カレー」といえば、「家庭の味」が発揮しやすい料理だ。ルウと肉や野菜などの基本的な具材にさらに何か追加して、よりおいしさを増すという楽しみ方もできる。

   インターネットリサーチ「DIMSDRIVE」は2017年11月22日~12月8日の期間、モニター3898人を対象に、「カレー」に関するアンケートを実施。その結果、カレーに入れる好きなトッピングや、各家庭のこだわりの味が明らかになった。

  • カレーの好きなトッピングは?
    カレーの好きなトッピングは?
  • 「好きなトッピング」ランキング
    「好きなトッピング」ランキング

地域別で見る「カレー食文化」の違い

   調査結果によると、カレーに入れる好きなトッピングのトップ3は、1位「ゆでたまご」(865票)、2位「チーズ」(818票)、3位「生たまご」(480票)の順だった。

   エリア別でみると、「北海道」「東北」「九州・沖縄」では全体3位の「生たまご」を抑えて「ナス」が3位に。一方で「近畿」より西では、「生たまご」が1位になった。地域によって「カレー食文化」の違いがみられる。

   以下、好きなトッピングのランキングは、4位「ナス」(358票)、5位「コーン」(219票)、6位「ニンニクチップ」(188票)、7位「納豆」(161票)、8位「トマト」(155票)、9位「キャベツ」(136票)、10位「オクラ」(118票)の順となっている。

   アンケートの自由回答欄では、各家庭の具材やトッピングのこだわりも明かされた。

「じゃがいもの代わりに大根を入れます。中までジュワーとカレー味がしみておいしいです」(40代女性)
「辛口カレーに、パイナップルの缶詰を入れるとおいしくなる」(60代男性)
「納豆とチーズを入れて2倍ネバネバが実はおいしい」(30代男性)
「ご飯の上にとろけるチーズを置いて、その上にルウかけると、とけておいしい」(30代男性)

など、さまざまなアイデアが寄せられている。

残ったカレーの上手な活用法

   また、家庭でカレーを作る際にありがちな「残ったカレー」の使い道についても多数の意見があがっている。

「カレーが残ったらルウとご飯を混ぜて春巻の皮で包み揚げる」(30代女性)
「残り物のカレーに和風だし汁を入れ、しいたけ、長ねぎを加え、冷凍うどんを入れて食べる」(50代女性)
「カレーの残った分にご飯と牛乳とチーズを入れてドリアにしている」(40代女性)
「温めた豆腐にカレールウとピザ用チーズをかけ、こんがり焼けるまでオーブンで温める」(70代以上男性)

など、アレンジ方法は無数。

   もちろんそのまま食べてもおいしいが、ひと手間加えてアレンジしてまた違った味を楽しむ人も多いようだ。興味があるものは、ぜひ試してみては。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中